昨晩は大学時代の友達のうちに。大江戸線の中で見た賃貸マンションの広告のまさにそこ。37階からの眺めは、東京の真ん中を上から、見下すという感じで不思議な気持ちでした。勝鬨橋、築地市場、すべて箱庭のように見え、走る車はようようがんばって走っているけど、ミニカーみたいで、大して進んでいない。
観覧車はお台場と新木場の二つが見えて、ほんと、東京を征服した!って感覚がもててしまいました。
女3人もつ鍋の夜は更けていきました。(いろいろ話したみたいですが、結構飲んだので途中から記憶喪失。。。主のインド(タイ?)のいろいろな衣装を着せてもらって、ファッションショーをしたのは覚えてるよ。)
今朝は築地市場、場内のてんぷらやさんでブランチ。芝えび、アナゴ、大えび(すべて江戸前)をごま油で揚げたものを食しました。芝えびのてんぷらというのは初めてでした。芝えびってあれ?甘エビと同じくらいの大きさだったんだっけ?って思いながら一口で含むと、とたんに口の中で溶けてく身。香ばしい頭と尻尾の余韻だけ残る幸せなひと時。
二日酔いだったはずなのに、ぜんぜんいけてた12時の朝食でした。

ああ、楽しかった。まるで酔っているとは思われていなかったことが翌朝判明し、とあるお店の場所を3回も聞きなおし、地がそんなばかな、な人だと思われていたのに愕然としましたが。。。
なんともリラックスした、いい時間でした。
犬rururu