今朝はお腹の調子が悪く、微熱気味。
せっかくのお休みだけど朝寝を繰り返しています。ごろごろ~。
昨日の晩窓を開け放して寝たのが悪かったのか、豆とかゴボウとかを食べ過ぎたのか。昨日も仕事だったしね。
いえいえ遊びすぎですよー。と心の声も。

お腹にサポーターを巻いて、お布団をかけて。でもまだ落ち着かない。
そうだ、手当て。自分の手をお腹に置いてみよう。
昔から具合が悪くなったり怪我をしたときに、母親やお医者さんに患部に障ってもらうととっても落ち着いたのを思い出した。
それは自分の手でも結構効果があるみたい。
とたんに当てた場所がごろごろと。温まったのもあるだろうし、自分で自分にパワーを与えているのかも。

先日フレーセラピーという足によるマッサージのサイトを見ました。東南アジアでよく女性が背中に乗ってくれるマッサージがあるけどそんな感じでしょうか。

で、思いついて「セルフ」フーレセラピー。自分の足では足の背面や上のほうはできませんが、ひざの上辺りまではかかとやくるぶしを使えばリンパの流れるところやつぼを押すのも力が要りません
なかなかいいではありませんか!

最近オフィスワーク中の足のむくみが気になって、セルフマッサージを一日に何度も個室(WC)に行ってやっていて、それほど気にならないほどになってきましたが、そうだ、家では自分でごろごろと足で足をマッサージすればいいのだ、と発見しました。
やっているほうの足は結構柔軟体操にもなるみたい。

さて、もう少しごろごろしますか。

うーん。

犬rururu