今日のスマスマは松山千春さんが後半の歌のゲスト。

中学のときにすごく好きで、友達とカセットテープを聴いたりしながらかなり盛り上がっていました。

今日はその頃の好きな歌、銀の雨、大空と大地の中で。。全部歌ってくれました。
伸びやかな、まっすぐな歌はスマップには難しかったかもしれないけど、こういう歌もあるのだ、と思えればいいな。

今日改めて各曲が発表された年を見ましたが、自分が小学生のころのものでした。
そのころは知らなかったけど、数年たった中学のころ、いろいろ聞いて、歌詞の主人公になりきった想像などをして、伸びやかな歌声を好んで聞いて、歌っていました。

そのころがよみがえってきました。
耐える女というか、尽くす女の美学を酔いながら聞いていたそのころを。
まあ、中学生にとってはフィクションでしかなかったのですが、想像力はあまり今と変わっていないかも。

しゃべりと歌のイメージはかけ離れていても、歌のうまい人が好きというのは今もそう、そのころにできたものかな(今も平井堅ちゃんとか好きだし)。しゃべりはとても軽かったりしても、歌がうまければ通じるところがある、と信じられるような。自分も歌えるようになりたいと思ったのもそのころかも。

犬rururu