今、TVで東京タワー-オカンと僕とときどきオトン-を観ています。
誰にとっても親、特に母親というのは一番のものですね。
それが健全な姿。私は親を大切にする人はとってもいいなあと思います。

今ちょうどうちのオカンは生まれて初めての個展というのをやってます。
11日間。絵のお仲間がひらいたギャラリーで誘っていただいたのがきっかけで、約20点ほどの油絵を出しています。私は前は個展といえばプロなどそれなりの人がやるものだと思ってましたが、画廊の方と縁があれば、でお金を出せばできるものなのですね。

先週末も行きましたが、今日、一週間ぶりに行ったらちょっと行きにくい郊外(調布)のギャラリーまでなんと90人の方が訪ねてみてくださったということで。
とてもうれしく思っています。
絵の先生、お仲間、親戚の人々、高校時代からのお仲間。書いていただいた住所にはNYの方もあったりしてうれしいことです。
たまたま通りすがった方や案内はがきをどこかで見て来てくださった方も。

意外にシャイだけど、結構社交性もある母のこと。毎日多くの人が訪ねてくださって絵を見てくれて、話ができる毎日がハリがあって楽しそうです。
私としてはもう少し化粧とか髪型とか気にして欲しいけど、最低限服だけはちょっとよそいきなものを毎日着てお迎えしているみたいです。

今日は私が行ったのはもう薄暗くなりかけたころでその後はどなたもみえませんでした。
この一週間に見えたお客様の話、などなどいろいろききました。
お友達が大勢きてくれたというのがとてもうれしかった様子。
こういう機会ができたことがとても私もうれしかったです。
普通結婚式とか、変な話ですが葬式とかでないといろいろな場面での友達が集合する機会ってないですよね。

帰り、ちょっと寒かったので暖かいものを食べて帰ろう、とラーメンやさんに寄りました。
それぞれ餃子とラーメン。そしてビール。お店の人は気を遣ってくれてラーメンはタイミングをずらしてくださいました。
ビールは母は小、私は中。餃子を前にかんばーい!
今日もオツカレサマでした。
私のビールが3分の1くらいになったところで母が
「もう一杯頼めば?」

のんべな私に気を使ってくれたのでした。
こうしてのんべでだめだめで情けない私を受け入れてくれる母という存在はとてもありがたいと思いました。
ありがたいって有り難い。存在するのが難しいということです。

結局、待っている人もいる人気ラーメン店で長居をするのは悪いなあと思って追加のビールは頼みませんでしたが母の気持ちがありがたかった。
そういえば二人でごはんなんてそうそうないシチュエーションだから。

今日は私が行ってからはお客さんがいなかったので何にも手伝いにならなかったね、といったら、娘とゆっくり話す機会も普段ないから良かった、と。

たいした話もしてないけどね。そしてほとんど母が話していたような気がするけど(笑)。

6年くらい前から実家を離れて暮らしていますが、離れてみてまた新しい親子関係もできてきたみたいで面白いです。

それにしても9年前、がんで大騒ぎになっていたころはこんな日々があるとは思いませんでしたね。ありがたいです。

犬rururu