シンネンハォ。
私にとっては1月2月は実は自分探し逡巡の月。
日本の暦の元旦。
自分の1月の誕生日。
節分。
中国の新年。
と何度も訪れる新年にあわせて新規まき直し。

今日は誕生日だったので、意図的に新規まき直し。
自分の仕事についても考え直しました。
ここのところ、自分の第二の人生というか、第二の
職業人生について考えていたりするのです。

今日のところは、うまくいったもんで。
時間つぶしに入ったタリーズにいた外人と日本人の
二人組みの話を聞いていたら、私にもそういう仕事が
できそうな気がしてきた。

日本に入ってくる外資系マネージメントに対する日本語
教師。

今日の人は会社での日本語のスピーチを直してもらって
いました。
先生の女性は自分のホームステイ体験などを交えて話して
いました。

それをみていて私はイメージ的なものですが、数年前に
携わった海外の仕事でとてもいい気分になっていたのが
原因でしょうが、外国の人と携わること、ちょっと知的な
事ができること、そしてそれに付随する文化的なものに
憧れをもっていたことを思い出しました。

一回だけですが、欧州企業と日本企業の提携に携わった
ことがあるという経験を生かして、「欧米企業で日本に
入ってきた会社のエグゼクティブの日本語教師になれな
いか?」という新しい課題を得ました。
なんて、需要があるのか、できるのか、などまだ雲をも
つかむような途方もないようなことですが。。

まずはコネが必要だなあと思いますが、今までのことを活かし、
活動できそうなものが見つかってよかったと思っています。
犬rururu