今日帰り道、数ヶ月前に親族になった、従妹のだんなさんと駅の近くですれ違いました。
声をかけたら一瞬私が誰かわかっていないような様子でしたが、にっこりと挨拶をしてくれました。
家に帰って従妹に携帯でメール。どうやら私のことはわかっていたようで、ほっとしました。

二人とも自分より一回り年下のカップル。先日赤ちゃんができたというのを叔母(従妹の母親)から聞いていたので、体に気をつけるように一言。

そうしたら予想外に私の言葉に喜んでくれたみたいでした。涙が出たとまで書いてありました。。
つわりでつらい毎日みたいで、ちょっと普段以上にうれしかったのでしょう。

数ヶ月前の結婚式では数年ぶりに会う従妹がかわいいお嫁さんになっていたのに年月の過ぎる早さを思いながらも、うれしい気持ちで眺めていました。
子供のころの印象、それも私はすでにかなり大きくなっていたからじっくり直接話すなんてこともありませんでした。

そして今日。大人になってからの12年の歳の差は、子供のときより縮まって、距離も縮まったなあ、と思いました。
数年会っていなかったとしても、互いに姉妹のような情があるのを確認しました。

犬rururu