今日FMラジオに矢野顕子さんが出ていて、NY暮らしの話などしていた。
年を重ねて味わえる楽しみのことなど話していました。

で、気づいたのだけど、ラジオ他メディアに出てくるパーソナリティー、司会、主演の人たちって圧倒的に20代が多いような気がします。

こないだ雑誌で見た日本人の平均年齢は43歳くらい。
そのちょっと下の私が思うのですが、もっともっと50代以上の先輩たちの人生を楽しんでいる話が聞きたい。

何で20代が中心なのでしょうかね。日本は若い方が価値がある、と昔からなんだかそういう観念があるような。

それぞれの年代が触れているメディアごとに、パーソナリティの年代ももちろん違う、とは思いますが。そしてもしかしたら私が聞いているラジオ局は私の年代など全く眼中にないのかもしれませんが。
でも、20代を中心とするリスナー層だとしても、人生の先輩の話を聞くのは楽しいと思うけど。

犬rururu