先々週の土曜。発表会。初ライブ。
恥ずかしくて、オツカレサマーで終わらせたい感じですが。

歌は最悪の、声が詰まって出ない状況をイメージしていた
ところからすればまあ気持ちよく歌えました。

ウクレレと一緒に歌ったのはまあご愛嬌で。ほとんど
一緒に併奏してくれた友達の演奏に頼って手は動いて
いなかった。

MCがちょっと長すぎて退屈になったろうな。

来てくれた魔法使いちゃんのコメントは、20年前の自分と
比較してくれてそのときより声が前に出ていた、と歴史を
知ってくれている友達のありがたさ。

母は厳しく、場慣れしてない、と。
ま、一回目だからもちろんそうなんだけど。
分かってて言われるのはちょっと悔しいです。

それにしても一緒に出た皆さん、中には将来を期待させる
20歳くらい年下の子もいて、聞いているのも楽しかったです。

先生からは特にコメントなし。
楽しかったでしょう?と言われて、結局その通りだなあと
思いましたが、お客さんの満足度については不明。

素人の発表会とプロを目指す人、入り乱れているから
先生もコメントしづらいんだろうなあと思いました。

次回、機会があったらもっと楽しませるには、ということを
考えてやりたいなあと思いました。

ただ歌を練習しているのと、舞台を意識して練習するのでは
大きな違いがあるということだけは今回学びました。

犬rururu