今日訪ねてくれた友達の、先日直島であったセッションでの話を広げながら。

直島に移住したい、という人たちが結構いるらしいですが、セッションの中でもそんな気持ちに動いた人たちも少なからずいたようですが。

友達は、今は直島はいろいろな持ち込まれた企画もあって刺激を受けるものが結構あるけどそれがなくなったときに、自給自足&物々交換、でやっていけるのか、と。

私は昨今異動や家族の事情で故郷や自分に今まで関係ない農村に仕事で行った人などの話を聞くに、短期間であればじっくり満足感も持って過ごしている複数の友人たちを(そういう人たち、仕事でもプライベートでも多いです。アラフォー独身女子)知っているので、人によっては東京の基準以外で満足に思う人たちもいるかも、と仮説。

困りごとについては国で一律のサービスをして欲しいですが、人の人生観、満足感についてはこのところ変わっているかも、と思います。が、いかがでしょう。
犬rururu