今日久々にmixiでミクトモにしていただいている友人はまーさん(最近一緒に飲んだくれていないから知人?笑)のサイトを拝見。

新しく大きなことをお仕事で始めよう(商品開発)という意気込みを書かれた日記。
その中に2年前の私が書いたコメントを取り上げてくださっていて。読み返しても何だか自分の気持ちに思わず刺激を受けました。

NYで、11年ぶりで訪れた店に再度感激し、私がそのときやりたいと漠然と思っていたことを今も続けていること(商売が成功していて続けられていること)に感動したのに続いての刺激。

いやいやNYではうちのグループのNY事務所(というか現地法人ですが)でお会いしたリサーチャーの方のお話にも自分ができていないことについて刺激を受けて帰ってきましたが。

そうこう、雇われている身ながら自分の夢をちゃんと描くことをこの年になっても落ち着かずにやらなきゃ!と思う今日この頃でした。

最近人生の終りについてばかりつい考えてしまっていましたが(だからこそ今を大事にしなきゃと思って何もないことにあぜんとしたりしていたのですが)何かをやること、それを遅まきながらでも信念持ってやることを、大地に足をしっかりふんばることを、やらなきゃ。

2年前に、もうとうに商品の現場から離れていてもこんなことを書いていた自分のそのときのコメント。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いろんな人のノーミスのくさりがつながって、店頭に並べられる、というのは改めて考えるとほんとすごいことですね。年間数百(数千?)アイテムを世に送り出す仕事をしていたことがありますが、そのチェーンを滞りなく、なるべく速い回転で回すのが仕事、という感じでした。
最後のバトンを受け取ってくれるお客さんがいなければ(そういうお客さんを作れない商品であれば)、それまでのものづくりの苦労がワヤになってしまうので、商品企画、仕入の仕事は結構責任重大ですよね、小売に残る最終利益の話だけではなくて。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや、今は営業利益、当期利益のPL上の話だけでなく、CF、資金繰りとか
目を配らないといけない部署にて働いていますがね。。。小売の基本を忘れないようにしたい。。

犬rururu