今日、吉祥寺図書館の閲覧室で久々にエルアターブルを手に取りました。

数年前まで数年、定期購読で家に送られてきていましたが中に書かれていることと自分の生活観がこの不況ではなれていっているのを感じ経済的な事情からも購読ストップしていました。

久々図書館で目にしたエルアターブル。この不況で継続的にタナに置いてあることさえびっくりはしたのですが。

特集を見ると、パーティ5000円予算で、名だたるケータリングシェフにどんなものが作れるのか、というものをやっていました。

1年くらい離れていたけど、その前はこんな生活誰が出来るのだろう、でも憧れ!という世界を紹介していたのに、発行部数も減ってきたのか、私みたいな庶民がみて勉強できるような実用ページに。。。

いったいどこまで落ちるんでしょうね。景気。

犬rururu