この3日間三鷹の実家に入り浸り。
間、自分の家にもどって年賀状印刷したり畑にいったりしましたが。
というのもうちのお父さん、胃に悪性の腫瘍が出来たと診断され、
実家の近所(母も入院していたところ)の総合病院へ紹介され、
診断を受けるということ。
老親、特に父はパニックで要領を得ないところもあるかもしれない、と
この年末年始から来年にかけて仕事もかなり重みを増して
きたところを平日に休みをいただきました。

診断を聞くために患者の父以外に母、娘の私まで診察室に入る
のはちょっと大仰だったかと思うほどの先生の数分の話。
ただ大勢で押しかけたこと、他の病院での10月の検査で
わかってから今まで順番待ちでいたこと、に対して先生は
当日と翌日の追加検査を無理やり予約入れてくれました。

CTもしていないのにリンパ節転移の診断を下せないだろうという
私の懸念があたり、やはりCTをということでおとといは臨時に
CTと運動負荷をかけた心電図。
昨日は先生が現時点での様子をみて判断をしたいということで
内視鏡の検査。それぞれ計画外でしたが入れてくれました。

仲良し家族の思いにほだされたか??(笑)

最初は土曜日にゆっくり説明してくれるということでしたが、
先生忙しいらしく、でも月曜日の他の手術の後に時間をとるから
電話してくれといってくれました。
その日病院は最終日らしいことを言ってました。
私(娘)は仕事に出ねばなりませんが、丁寧な応対にありがたく
思っています。

それにしても総合病院の忙しさ。。。今年の3月に母が救急車で
運ばれて治療を受けていたときも、先生の都合に合わせてこちら
が話を聞けるように、調整するのが大変でした。平日は来られない
といっていても、先生の空く時間はなかなかあわなくて、平日の
夜遅くにお話聞いたり、週末に行っているときに先生の時間を合わせて
もらったり。

それでもきちんとメモを取る(変な質問はしていません。追い詰めたり
攻めたりするような)私に対して尊重してくれているのでしょう、
常に同席を求められました。

・・・

先生も人間だし、家族の姿勢によってもしかしたら対応が変わるかも、と
思ったら誠意を尽くして。と思います。

昨日までの診断は、早期がん。内視鏡の手術で完了するか、胃の切除かは
昨日やってもらった直近の内視鏡でもその深さは判断できないということ。
オプションは内視鏡での切除、そのときにとったもので切除かどうか判断し、
必要であれば後日切除。
もしくは最初から切除。
先生はまず内視鏡、を考えているようです。

母の意見は、12年前に乳がんを患って温存できるとも言われながら
切除し、根絶できた自分と周りで温存してxxだった方と比較して
切除したほうが、と。

父本人初めての手術にかなりプレッシャーを受けているのか、胃潰瘍も
前回の検査以降発症しているらしい。
メスを入れるより内視鏡での切り取りのほうが精神的な負担は
小さいですが、どう決めることやら。

いずれにしても早期の胃がんに関しては、技術の発達があり
直る!と先生に言われたのを信じるしかないです。