このところつかれています。仕事に対する自分の能力のなさ、
所在のなさに。。。担当各社のリストラ、再編と生き残りには
必要ですが、バブルの成長期に仕事に着いた自分には
すすめることになかなか気持ちがついていかず、ニッチな小規模
でも新規事業を立ちあげて細々とでも元気にやっていくような
働き方がいいんだろうなあと思いながらこのところ過ごして
います。

でも!今日はちょっといいことがありました!

職場で夕方別の階に用事がありエレベーターホールへ。
そうするとたまにしか来ない隣の部署のうるわし秘書Sさん。
帰るのか、ステキなモスグリーンとグレーの間の
ロングウールコートとキツネか何かわかりませんが、
ショール。
お久しぶり、お疲れ様です。
と声をかけると窓際の彼女はアンニュイな感じでこちらを
振り向き、富士山がきれい。。。
エレベータの到着を知らせるランプにあわてて、私も窓ぎわへ。
おお、淡い夕焼けの中に見慣れた姿が。
あの影は富士山。
来たエレベーターに乗り込む彼女と、微笑を交わして
見送りました。

私はやがてきた反対方向のエレベーターに乗って上へ。
用事が終わってその階のエレベーターホールに戻って
来ると、たまにうちの部署に来る、名前を知らない財務部の
彼。
自部署から手ぶらで出てきたと思うと、エレベーターの
ボタンも押さずに窓際へ。

目が合う。私が富士山?とつぶやくと。
そう、あれ、影しか見えないけど。と。財務部くん。
今朝はもっとはっきり見えたんですけどね。

そうだったね。と私。今朝は私は見てなかった。正直に言うと。
でも何だか話を合わせたくて。

来たエレベーターに乗り込みながら返す。

普段ほとんど話をしない人たちと、一緒にほんのひととき
きれいな富士山を分かち合った。

こんなことがとてもうれしく、ほんのちょっとした心の
交流。こういうことが職場にあることにほんと、うれしかった
んです。

これからもっと厳しくなると思いますが、そういうときこそ
より、人と人との係わり合いを楽しめる余裕を、というか
互いに支えあういい時間を少しでももてたら。。。

犬rururu夕日