2005年01月

楽天、クメジマ上陸!

kumejimanosora1_1.jpg


NHKで田尾監督が出ていた。楽天イーグルスの今年のキャンプ地はクメジマということ。沖縄本島のすぐ近くの島。
インタビューされていたのは、昨年の夏私とKazの行った航空会社系のホテルのプールサイドだと思った。

選手の自主性を活かした練習、ということで、キャンプ中も10時から2時までがコアタイム。その前後は自由にやってくれというキャンプらしい。
いまどき風だな。自主トレみたい。

監督の監督は三木谷監督かなと顔が浮かぶ。



島民が2週間前に知らされて急いで準備した割には、野球シーサーができていたり、何よりインタビューした島民たちの歓迎の気持ちが出ていたのには驚いた。
島に5つある有力野球チームの子供たちは、でているほぼ全員が楽天に日本一になってもらいたい!と叫んでいた。
sisa1_1.jpg


そんなのを見ながら、なんだか純粋に野球大好きだった中学生のころを思い出し、少しそのときの動悸が戻ってきた。

今年はペナントレース、見てみようかな。
見だすともう胸がわくわくしてしょうがなくなるのだけど。
果たして自分がどのチームを応援するのか、というのも楽しみ。

犬rururu

今日の写真はKaz

なになに?

shanghaitento.jpg
上海、夜7時。会社帰りのお父さんたちも、買い物途中のお母さんも、熱心に店頭をのぞいています。煌々と電気の灯る店頭からは湯気か、煙かが流れてきており、それにつられてわらわらと人が集まっています。
shanghaitento2.jpg

会社帰りらしいお姉さんとお兄さん仲良し4人組が手にしていたのは、肉の串焼き。
日本の焼き鳥の3倍くらいの肉切れが刺さっています。店頭で食べ始めました。

他の場所でもこうして人の集まっていたのは、やはり肉の串焼きと饅頭。人が集まるとさらにそれが人を呼んで、買うのも大変な様相になってきます。これは日本も同じですね。
行列の先頭が何なのかわからずに、とりあえず行列するみたいなことはありますもんね。
私はあまりの人だかりにこのときは断念。。
ちょっと心残りでした。

犬rururu


偶然のご対面

たまにしか見ないメルマガを久々に開いてみたら。。
なんと見覚えのある名前。今週のコラムは○○コンサルティングフェローによる。。。とある。
ほんとかなあ?でもちょっと珍しい名前だし、と半信半疑でリンク先のサイトを見てみると、写真が。
よくよく見ると面影があるけど、こんなおじさんになったのかなあ、と中学時代の初恋?の先輩の姿がそこに。
中学時代から論客で、いつも生徒会に対抗して議論をふっかけていました。厚生労働省で政策を作るところにいるという今の仕事は、そのころの先輩を考えるとすんなりと理解できます。とっても想像どおりの展開。普通の会社に勤めて物を売ったりマーケティングしたり、というタイプではないもんな。
もうすぐバレンタインですが、中学生のころの淡い気持ちをちょっとだけ思い出しました。先輩の行った高校に入りたくて勉強していたな。
犬rururu

イブ

moritasensei1.jpg



















今日は30うん回目の誕生日前日ということで、命日の祖父の墓参の後、両親と食事。
浜田山駅から7分くらい歩いたところにある、焼肉やさんに。キムチがとても奥深い味で感動。辛すぎない。サラダのようにどんどん食べられる。
残念ながら2月いっぱいで閉めるという。それまでにもう一度ぜひ伺いたい。
今日はお土産にキムチ2種、父がほめた徳利とお猪口をお土産にいただいた上に、家まで車で送っていただいた。恐縮。
それにしてもいままで食べたことのないような味だったなあ。お肉もとてもおいしかったです。

珍しく母親から2つもプレゼント。ひとつはこの絵。母の師事している森田先生の年賀状。ペンとインクで直接書いてあるみたいに見える(印刷だが)。相変わらず洒脱な題材と絵の描き方。好きです。(写真がぶれててごめんなさい)
こういう大人の世界あこがれていたけど。私も相当いい年。この中の一人にすでに入っている気がする。ただバーにのみにいく習慣はまだない。行きつけのバー作りは40代のお楽しみにしようか。
犬rururu

遠くの都会

shinjuku_yoru.jpg
今晩は、家に帰ってきてそのまましばし窓の外を眺めていました。
今日はきれいに都会(新宿)が見えました。東京タワーもくっきり。(写真の右のほうの棒です。肉眼ではもっとよく、近く見えます)
朝起きると一日を占うようにそちらを見て、その日の天気を知ります。
日によってはまったく雲に隠れてしまう新宿のビル群。毎日顔を変える空を楽しみにカーテンを開けます。本当に毎日違うので面白いです。
不思議な空の写真はおいおい。

都会に行って光にあふれた夜の中にまぎれると、てっきり自分をコスモポリタン、と勘違いするのですが、やはり、足元には土もあり、そして遠くに都会を望んでいるのが、自分らしいと思います。
犬rururu
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ