2005年05月

スイーツスイーツ

今日はまたまた歯茎というか、のどまで腫れてきて、首のところも。。。で再び元気急降下のrururuなのでした。昨日は美しいお姉さま方との久々の飲み会でかなりアップしていましたが。
二子山親方のこともあったし、まあ、歯茎が原因だろうけど、ちょっと不安になってきました。明日の朝はおさまってますように。
で今日は甘いものを食べたくなって帰り道ロンロンをふらふら。プリンを探していましたが、とにかくきらびやかなケーキ屋さんの並ぶロンロンの一階。あちらからこちらと決められずにうろうろしてました。
ようやく決めたのは
P1010609.jpg

神戸のシェ・コパンというところのその名も

「マンゴーココラッシー!!」

私の好きなもの三つ巴ではありませぬか。

私一応万年ダイエットだし、お酒も飲むから甘いものは控えていて、ケーキを買って帰るなんて珍しい。でも今月は2回目。見栄を張らずに一人分、一個だけを買いましたが。でもこのお店は女の子がショーケースから通路に出てきて渡してくれたり、300円くらいのものにそんなサービス、と思いつつ素直にうれしかったデス。

そう、喫茶店に行くより飲み屋に行くほうが多いのでウインク、なかなかケーキを食べる機会もない私も少々弱っとるようです。

でもいまどきのケーキは美しいですねぇ。きれい。目も楽しませてくれます。

明日の朝のお楽しみ、ということで写真を撮った後また冷蔵庫に入れときました。

追伸。
甘いものといえば。
最近Goodな発見をした甘いもの。

切り干し大根を戻した汁。捨てるのもったいなかったので飲んでみましたら。。。
甘くておいしい!!自然志向の切り干し大根だったので安心してごくごく飲み、いっぺんに飲めないのでタッパーに入れて冷蔵庫で保存し毎朝飲んでます。腫れたのどにやさしいです。
昔、歌っていたころ、のどをいたわって飲んだのが大根の薄切りに蜂蜜をかけて出た汁。
切り干し大根には砂糖も入れていないのに同じくらい甘いです。
いやー、これには感動しました!最近のヒットのひとつです。
犬rururu

ashi2.jpg

酔っ払いついでに自分の足を近くに転がっていたパステルでスケッチブックに描いてみました。普段あまり使われない、黄土色で。何だかマイナーなこの色、汚い色みたいな印象がつけられていたりして。そういう色を使ってみたくなり。
下手だけど、酔っ払いだからまあ、細かいことは気にせず描きました。
って、しらふでももっとうまく描けるというわけじゃないけどね。
描くということはじっくりと見るということ。
久々にじっくり自分の足を見た。面白かったのは、指によっては独立してすくっと立っていたり、隣の指に依存して寄りかかったりしているんだけど、つめで自己主張しているところ。本体は寄りかかっていながら、つめはそっぽ向いていたりして。
独立していないけど、いいたいことは言う、こうありたいというものは持っている、なんていうのは面白い。指って親とか子供とか擬人化されているけど、そんなことも考えながら一つ一つの指の性格、なんてものを当てはめたりして。
ずーっと寄りかかっているところは寄りかかられている指にくぼみがついていたりして、これが独立したら寂しいんだろうなあなんて思ったりして。

数年前フットケアに通って、そのときは一本一本指を独立させることの必要性を感じたりしたけど、これは意識的にやらないとなかなかできないことですね。また足の裏が平面的になってきたので、ちゃんと運動させて、本来のアーチを取り戻さなきゃと思っている今日この頃です。
犬rururu

ペイデイ

ペイデイ(給料日)直後数日間だけですが、ついつい気が大きくなってそれまでしたかったこと、買いたかったものなど手がでてしまうのです。10年以上サラリーマン続けてきての習い性ですね。笑顔

今日はくとるーさんのブログで紹介されていた西荻窪のイグレックさんに行ってきました。
アロママッサージ。
駅からすぐのマンションの一室を訪ねると薄暗く、でも床や棚の上におかれた間接照明でゆったりとした雰囲気の明かりになっている施術室に通されました。
茶系のもので統一された部屋は私も好きな感じの、少しバリ風でした。フットバスをしながら、出していただいたお茶とお菓子をいただき、記入したアンケートに基づいていくつか質問を受けました。お茶とお菓子の乗ったトレーには緑の葉っぱがのせてあってステキでした。

オイルもいくつか選んでいただき香りを確かめさせてもらったものをブレンド。一つ一つとてもゆったりとする気分のよくなる香りでした。香りの名前を控えてくれば良かったな。
マッサージ。もうこれは至福のときでした。ちょっと痛いが気持ちよい。いったい先生の指は何本あるのだろうというくらいの細かい、そして力強い、ポイントをはずさないマッサージにほぐれていくのがわかりました。マッサージにはいくつか流派のようなものがあると思いますが、リンパマッサージ系でしょうか。

痛いのにいつの間にか寝てしまい、遠くから聞こえてきた声にゆっくりと覚醒していきました。
あーー、ふくらはぎがこんなにやわらかくなったのは久々!時々エステでリンパマッサージしてもらいますが、先生の技術はそれに比較してぜんぜん高いと思いました。

お値段もリーズナブルだし、足だけでもしばらくつめて通ってみようかな、と思っています。

私の部屋もあんな感じにくつろげる部屋にしたいなあ。って、まず片付けなさいって。でも今日はちょっと体の方がくつろぎきっているので、明日かなあ。
犬rururu

続 岡本太郎

さきほど知人のメルマガで岡本敏子さんがこの春なくなっていたのを知りました。
前回書いた本をまとめていた、太郎さんの養女。
実際に会った知人のメルマガによると、太郎さん生き写しだったとのこと。
今度の金曜の「たけしの誰でもピカソ」で追悼番組をやるそう。
私は情報システム部にいながら、自分の家のビデオの予約録画のやり方がわからないので誰かにお願いしておこうかな。(情けない。。)
これを見たどなたか、ご協力ください。
犬rururu


パッション

今日は日曜出勤。日曜は通勤途上もラッシュがなくて楽なので気分が楽。難しくない本を持って出ました。

岡本太郎『強く生きる言葉』
 
最近自分らしくなく体が弱っていて、やさしい料理や癒しを望んで、これからは草のように生きれればいいかな、なんてちょっと気も弱くなっていましたが。

今日はこの本を手にとって家を出たというのはやはりかなり回復してきたのでしょう。ちょっと体は火照っていましたが。

今日、気になった本の中の言葉をいくつか書いていきます。

人生とは
人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。
ぼくは逆に、積みへらすべきだと思う。
財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、
かえって人間は自在さを失ってしまう。



・・・ああ、これはこのところずっと実感していることだなあ。
前に何をやってきたかということを語ってしまったり、自分の心のよりどころにしてしまったり。
快適な住処を得て、それが自分を縛るということを感じながら、それを克服しようと心の中で戦っていたりする。
人は金と地位をはいだら、その人だけ、丸裸。
そこで勝負する。誰と?自分と。


感性
感性をみがくという言葉はおかしいと思うんだ。
感性というのは、誰にでも、瞬間にわき起こるものだ。
感性だけ鋭くして、みがきたいと思ってもだめだね。
自分自身をいろいろな条件にぶっつけることによって、
はじめて自分全体の中に燃えあがり、広がるものが感性だよ。


ああ、なんて自分が自分の中に隠していた、そして近頃忘れていた言葉をストレートにみせてくれるのだろう。
いろいろなところにぶつかりながら自分を発見する、という興奮をここのところちょっと忘れていた。
それなりにいつも自分のできないことに挑戦している、と言い訳できるくらいのことはやってきているが。それって誰に対しての言い訳?

癒し、ブームですが。私も結構体のことを大切にしたり、ほのぼのできる時間を楽しく過ごしていますが。。
ちょっと忘れかけていたものを呼び覚ましてくれた、今日の出会いでした。

犬rururu

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ