2005年07月

アロマな時間

私の思いつきのような、でも意識下の心の奥深くで温めていたような企画を家でやってみました。

第一回目。
サロンイグレックの竹内先生を囲んでのアロマレッスン。
いやー、人を集めるところから友人の協力なくしては成り立たず。そして先生の忙しい週末を無理やり空けていただいて、主宰としては始まるまではどうなるかという会でした。

友達の友達やら、いろんな世界のはたらく(はたらいていた)女性7名。
女性の面白いのは、普段男社会の通念の中で働いていても、こういう自分の感覚を確かめ楽しむ時間も持とうとする幅の広さ。

IMGP0348-b.jpg


それぞれが自分の好きな香りを確かめ、納得し、言葉で表現する。

IMGP0358-b.jpg


自分を確認する、自分を知るワークショップでもありました。
最後に先生から自分の選んだベストワンの香りについて、それぞれが
コメントをいただきました。自分の状態が今どうであるか、選んだ香りで分かるというの、面白いです。
ちなみに私の選んだのは
「フランキンセンス」
落ち着いた状態にありながらも自分を開発する新しいことを探している。
(でしたっけ?)
確かに、仕事に忙殺されるところを抜け、自分の五感にぴったりと合う何かを探しているというところです。

IMGP0356-b.jpg


それぞれ自分の好きな香りを4つほど選んで作ったバスソルト。
自分を確かめながら入るお風呂のひと時は皆さん何を感じているんでしょうかね。

犬rururu

夏の日、海の日、連休中

土曜日は芝浦でウクレレのイベント。
20050716ukulele1-b.jpg

習いに行っているヤマハの各学校の人たちや先生が演奏するというイベントでした。
全員参加の発表会と違い、やりたい人だけが参加するもの。
5月の発表会の後、すぐに次の目標が欲しくてクラスメート6人と出ました。
先生(本業ベーシスト)と先生の友達ミュージシャン(ジャンベ)のバンチャンに競演してもらい、ステージに立ちました。

始まる前、川に向かって自主練習したりしました。衣装や髪飾りもあわせてのりのりのメンバー(写真)

できは。。
まああんなものでしょうか。練習の半分しか力を発揮できなかったと思い、ちょっと意気消沈していましたが、所詮そんなもの。もっと練習しておけばよかったということは今までやってきたダンス、芝居、歌、プレゼンでも分かっていたことでした。

まあ、楽しくできました。そして他の生徒さんたちの演奏に刺激され、もっとうまくなりたいと思えたので良かったかな。月に2回の練習では足りないです。

芝居をやっていたときは曲がりなりにもお客さんにお金をいただいており、こういう、趣味のレッスンの発表会みたいなものはちょっと馬鹿にしていたところもありましたが、単純に自分の新しい世界を開拓することに楽しみを見出す機会になるのもいいかな、と思っている今日この頃。
練習により成長する自分を感じるのは楽しいのです。
そしてかわいい仲間たちとの交流も今まで仕事や勉強一辺倒で来ていた私には新鮮で楽しくほっとする時間なのです。
犬rururu

ウォーターソテー

最近、油で炒めなくてもいいかも、と思ったものはウォーターソテーしてます。
これはマクロビオティックの手法みたいです。
とても簡単。油の代わりに少量の水を入れて炒めるというだけです。

今日はスープを作るのに、まず玉ねぎをウォーターソテーしました。
そこで発見!
最初に入れた水がなくなり、玉ねぎがぱちぱちとはじけてきたので水を足しました。
そうすると水がたちまちカラメル色になり、また、玉ねぎにもその茶色い色が絡み付いていきました。
よく、玉ねぎはカラメル色になるまで炒めるとかいいますが、そういう状態に、水を足した途端になりました。
油でも水でも関係なく、熱を加えればそうなる、という単純なことなのかも知れませんがね。(笑)

そして色がつくだけでなく、作ったスープは砂糖は入れていませんが、とても甘いほんわかとする味になっていました。

今後ともお世話になろうウォーターソテー(字余り。。)

で、今日のメニュー。
20050712gohan.jpg

キャベツ、玉ねぎ、まいたけのスープスパゲティ
あらめと玉ねぎの煮物
ホタテの煮物
アボガドのわさび醤油

スパゲティはちょっと塩気が足りなかったので、塩とホタテの煮物を足しました。
うーん。満足。

アボカドのわさび醤油はマグロのトロに匹敵とか言われていますが大好きです。
マグロトロよりはちょっとヘルシーかしら?(ホント?)

さきほどTVで香港飲茶が油が多くて不健康という発表があった、とありました。
一番不健康なのは私のもっとも好きなうちのひとつ湯葉巻き揚げ蒸しでした。80%近い脂分。
(もうひとつの好物は豚スペアリブの黒豆ソース添え蒸しですが、こちらも油がギトギト。2位かも)

でも香港の人は太っていないのはなぜだろう??
私が行っていたときは毎日のように泳いだりジムに行っていたのにもかかわらず、半年で3,4キロ増えましたよ。

そう、結局皆、いつも油の多いものを食べてないのでした。
一緒にお昼にいっても、全部食べないのでした。
毎食、全部たいらげる私だけが太るのも当たり前でした。(みんな、裏切るナヨ~!!)

普段はなるべくあぶらの少ない、また、植物性のヘルシー料理を食べ、たまにははめをはずしていけないものを食べるというのが理想の、

犬rururu

Genten

noguchisan1-1.jpg
今週末は日にち以上にいろいろなイベントがあって、デブショウ(出無精&デブ症)の私も結構出かけ、それぞれが思いも深いいい時間をすごせました。

第一弾

土曜の夜は前社長のグループ執行役引退、還暦、大学での教授就任のお祝いとして囲む会。
まったく還暦とは思えずでしたが。。。

その会に集まったメンバーがまたかなり懐かしい人々で感激しました。
(ほとんど会社に残っていない方々。10年以上あっていない方も。)
そして私などその中で一番若手(ってもういえないけど)で、当時は使えないやつとかいう評価もきっともらっていたかも知れないけど、(20代前半だったから許してネ。)昨日はお話もできたりして楽しい時間でした。

主役とはイギリスのショップの仕事をさせてもらっていたときに、直属部署だったし、一緒に出張にいったり、食事会でも通訳をさせてもらったりしましたが、私くらいのものでも使ってもらったのがうれしかったです。(そして全く礼儀のない私を受け入れていただいて。。)
雑誌の記事で英語のことが書いてあったら、切り取って私のメールボックスに入れてもらっていたり。
親会社(日本有数の小売業者。世界でのトップ10入りを目標にしている)の執行役もしていたような方に覚えがあるのがとても励みになりました。

また、昨日は別の会社に移った、入社時に常務をされていた方も登場!元社長と一緒にうちの会社を作った方。

個性が強い方で、語りつくせませんが、15年ぶりにあったら、当時のように赤い靴下をはいていらっしゃったのがうれしかったです。
名前を覚えてくださっていてうれしかった。

結局、人に覚えてもらっているということが自分の喜びなんだな、と思いました。

私もたくさんの人を覚えられるようにしたいです。
この方には人との付き合い方を教わったような気がします。
実践するのはこれからです。

犬rururu

ある日の朝食

choshoku.jpg

シンプルな食事をなんだか残しておきたくて。

お腹を壊した後の復食ね。

ほうじ茶。
おかゆにゆかり。
切り干し大根とたまねぎの味噌汁。
自家製トマトとバジルとオルチョサンニータというオリーブオイル。

この前の日は味噌汁の汁しか飲めませんでしたが。。
甘い×甘いを味わえました。

もも太郎トマトは甘いと一言だけで言うのはもったいない味でした。
もう少し香りも含めて深い味。これが最初で最後かもしれない
ベランダ農園のものなので、ありがたみ絶大というのもありました。

体の調子を壊すことで返って食べ物のありがたみを感じ、おいしさ
を味わえてよかった。

犬rururu
最新コメント
記事検索
プロフィール

drecom_rurururu

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ