2007年01月

ひとりでおめでとう!

昨年の6月以来、本日でこのひと月のアクセス数が1000を超えました!クラッカー月の最終日でようやく。
月の終わりに向けてちょっと気にしていたので、良かったです。笑い
訪ねていただいた方々、どうも失礼しました。
昨年の6月までは5ヶ月以上1000アクセスを超えていたのが、夏から減りまして。記事の更新の回数にもある程度比例するみたいで。
最近はまた検索でいらっしゃる方も多くなりました。これはトータルの記事数、すなわち言葉の数が増えると増えますね。
そういう方々にはお望みの情報がなくて、すみません、とひたすら謝るだけですが。
犬rururu

秋を楽しみに待ってるよ!

今日帰り道、数ヶ月前に親族になった、従妹のだんなさんと駅の近くですれ違いました。
声をかけたら一瞬私が誰かわかっていないような様子でしたが、にっこりと挨拶をしてくれました。
家に帰って従妹に携帯でメール。どうやら私のことはわかっていたようで、ほっとしました。

二人とも自分より一回り年下のカップル。先日赤ちゃんができたというのを叔母(従妹の母親)から聞いていたので、体に気をつけるように一言。

そうしたら予想外に私の言葉に喜んでくれたみたいでした。涙が出たとまで書いてありました。。
つわりでつらい毎日みたいで、ちょっと普段以上にうれしかったのでしょう。

数ヶ月前の結婚式では数年ぶりに会う従妹がかわいいお嫁さんになっていたのに年月の過ぎる早さを思いながらも、うれしい気持ちで眺めていました。
子供のころの印象、それも私はすでにかなり大きくなっていたからじっくり直接話すなんてこともありませんでした。

そして今日。大人になってからの12年の歳の差は、子供のときより縮まって、距離も縮まったなあ、と思いました。
数年会っていなかったとしても、互いに姉妹のような情があるのを確認しました。

犬rururu

いったいどこに?

今日は六本木ヒルズアーテリジェントスクールに久々に参加しました。
広瀬真奈美さんという方のスマイルスタイル講座に。
顔によるコミュニケーションについて。ワークショップを交えながら、マナミさんの思いなども含めて2時間。

ダイエットと同じく、いつでもやろうと思えばできると思っている自分の対外イメージ作り。
でもやってこなかったのが今まで。
メークのスクールにも通ったこともありましたが、なかなか実践せず。最低限で。

でも今日の講座で改めて思ったのは、意図的に意思をもって表情を変えることで対人関係や自分の位置が変わってくるということ。

こうありたい!という目標が明確になった時点で、自分の対外イメージを作ればいいや、と思っていましたが、日々の人間関係においても自分の思いを素直に顔に出せればもっとスムーズに流れるかも、と思いました。

今日はワークショップもあり、初めてお会いする方々と一緒にやったのですが、言われたのは、私の話を聞く姿。
1回目、設定にしたがって話を聞いても関心がないようにしていたり、視線をそらしたりするというのをした後、2回目、同じ方の話をミラーリングを意識したりしながら聞きました。
2回目のとき、観察者の方が、私に話を聞いてもらったことで話者の方のいやな思いが薄れていったのではないか、と思われたということ。また、話者の方も1回目と2回目の違いを感じられて、2回目は話を聞いてもらいたいと思ったということ。

自分には語る言葉もないし、前から人の話をきくことくらいしか、できない、と思っていましたが、それをあらためて評価してもらったようなことを言ってもらってうれしかったです。すぐ調子にのるので、話を聞く仕事を目指そうかなんて今日は思いました。(現金)

何より今日はマナミさんの素敵な感じと、自分も同様に自分の天職(ニッチのほうがいい)を探したどり着きたい、と感じて元気になりました。

自分のオリジナリティを活かして第一人者になりたい!という夢は大台の区切りの誕生日を迎えてからさらに強くなり、(現状に満足していないのも自分のせいですが)まずはイメージターゲットをいろいろと模索しているところです。
犬rururu


コシャリ風

20070127koshari.jpg
なんとなくコシャリ風にできました。混ぜて食べるとおいしいです。
ごはん、マカロニ、トマトソース、白いんげん、緑豆、玉ねぎを揚げたのができなかったので焼いたの
犬rururu

新年好

シンネンハォ。
私にとっては1月2月は実は自分探し逡巡の月。
日本の暦の元旦。
自分の1月の誕生日。
節分。
中国の新年。
と何度も訪れる新年にあわせて新規まき直し。

今日は誕生日だったので、意図的に新規まき直し。
自分の仕事についても考え直しました。
ここのところ、自分の第二の人生というか、第二の
職業人生について考えていたりするのです。

今日のところは、うまくいったもんで。
時間つぶしに入ったタリーズにいた外人と日本人の
二人組みの話を聞いていたら、私にもそういう仕事が
できそうな気がしてきた。

日本に入ってくる外資系マネージメントに対する日本語
教師。

今日の人は会社での日本語のスピーチを直してもらって
いました。
先生の女性は自分のホームステイ体験などを交えて話して
いました。

それをみていて私はイメージ的なものですが、数年前に
携わった海外の仕事でとてもいい気分になっていたのが
原因でしょうが、外国の人と携わること、ちょっと知的な
事ができること、そしてそれに付随する文化的なものに
憧れをもっていたことを思い出しました。

一回だけですが、欧州企業と日本企業の提携に携わった
ことがあるという経験を生かして、「欧米企業で日本に
入ってきた会社のエグゼクティブの日本語教師になれな
いか?」という新しい課題を得ました。
なんて、需要があるのか、できるのか、などまだ雲をも
つかむような途方もないようなことですが。。

まずはコネが必要だなあと思いますが、今までのことを活かし、
活動できそうなものが見つかってよかったと思っています。
犬rururu
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ