2007年05月

小泉武夫

人名シリーズ?第二弾。

っていうかこの人誰なんですか!!
日経新聞の夕刊に週に一度食あれば楽あり、と書いていらっしゃる
東京農大の先生らしいのですが。。

私はこの記事がとても好きで、いつも文章とそして絶対にやらせ
ではなく実際にご自分か奥様が作られている食事を本当にうまそう
に書いてらっしゃる。
読んですぐ、涙腺ならず唾液腺が刺激され、同じようなものを
作ろう!と食欲がわくのです。

今までに一番おいしそうで切り抜いておいた記事はさばの竜田揚げ。
文章力がないので書けませんが、本当に口の中にうまみがでて
きました。

本になるといいのになあ。

犬rururu

関根潤三

今日は久々にスポルト(旧プロ野球ニュースの時間、フジテレビ)
長嶋茂雄が入団したころにすでに選手だった関根さんがそのころのことを軽妙な口調で話しています。

よくニッポン放送ホームランナイターで、聴きましたよ。解説。
ニッポン放送で放送のあるとき、そして関根さんのときは特に選んでチューナーを合わせました。

何を気に入っていたのか忘れましたが、軽妙な解説とそのペアになっていたアナウンサー(ああ、やだ、名前が出てこない、こんなことって)おっと深沢アナでしたよ。
このコンビはそのころの私と父と友達には王道で、他の局で同じ試合が放送されていても、彼らの時にはニッポン放送を裏切らない、というのが不文律でした。

他の野球ファンもアナウンサーと解説で放送を選んだりするのでしょうか。

犬rururu

けさ

寝覚めの悪い夢を見ました。

寝苦しい暑い朝、重たい頭で目覚めたらもう10時前!
完全なる遅刻!今日は遅れたらいけない日なのに。すでに始業している。
午前中から自分が主導のミーティングを関係各部署の部長さんたちを調整して行う予定。
ああ、その基礎資料もできてない!

何んとか会社にたどり着き、同僚の力も借りてメンバーを集める。

何だか分からないけど途中で家に帰ったら(ここが夢ですね)、コンロの鍋がしゅんしゅん云っている。
火を止めようとしても止らず。仕方ない、流水で鍋を冷やしながら火事にだけはならないようにして家を出る。
母から電話。このことを知っていて怒られる。が、もう時間がない、早く会社に戻らなきゃ。

準備不足にあせる気持ち。足がナカナカ動かない。

目覚めて、大事な朝は今日じゃなくて明日だったと思い出す。
そう、明日から新しい職場に着任。
企業グループ内各社から集まるプロジェクトチームに。

はあ、何だか今の気持ちを表してるなあ。今晩は早く寝なきゃ!
犬rururu

しみだれ

しみったれ、じゃありません(笑)。

おとといは友達と実験室?本格点心作りに挑戦、第一弾。

豚マンを作ってみました。
20070504shimidare.jpg

餃子型は友達、丸いのは私、まあ、要するに餡(アン)をちゃんと包み込んでいれば饅頭になるのでした。

うーん、おいしかったです。本格的な味がしました。
饅頭には重曹を入れたので膨らんでました。
薄力粉200gで20個分作ったので、他に蒸し焼きにもしてみました。
餡に結構味がついているので、蒸したものは何もつけずに食べてもよかったのですが、焼いたほうはちょっとお酢とか醤油と辛いものとかつけたほうがおいしかったです。なぜか。

本に載っていたのは白い饅頭でしたが、皮がところどころ薄かったためか蒸篭のふたをあけたら茶色くしみだれになっていました。
ロンロンで紅虎のしみだれ豚まんをいつも横目で見ながら420円と高くていまいち手がでなかったのですが、何だ作れるではありませんか。

ただ粉物は、誰かと作ろう、とかイベント性を持たさないと重い腰がなかなか持ち上がりませんね。
出来立てを食べられるし、皮から作るのは確実においしいのだけど。
犬rururu

サマーハウス

船
友達は6月から仕事の合間の週末を充実させるために三浦半島に
サマーハウスを借りました。
ウィークリーマンション。

週末だけの家に私も誘われて、おかげで私もたぶんいい時間を
すごすことのできるこの夏。

毎月定期的出費のマンションのローンに悩んでいる私からすれば
月に15万の家賃を週末だけに軽々使える彼女に羨望。

母にこのことを話したら、彼女のお金の使い方はすごいね、と。
(そうできない親子の羨望)

実は何とも彼女はけちで、お酒をのまずに私より飲食代が
少ないのは別として、ファッションにもあまり興味はなく、
たまに私がスタイリストよろしく薦めた服を大切に長い間
着て。
一時一人暮らししていたときに訪れたうちでは居心地がいい
にもかかわらず絵も、備品も皆拾ってきたということ。
化粧品も試供品をきちんと使っている。

母が絶賛の私の幼馴染はお金の使い方が絶品。

自分にとって大切なものとそうでないものがはっきりしている
というのがすごい。
ここのところ、すごいな、と思っているの、私も。
流れに流される自分がなさけない。

週末だけの住処に15万かけても普段のけちぶりとは
まったく違って、ぜんぜん動じない姿がすごい。ぜんぜん
表情が変わらない。

毎日小銭を使ってお金が足りなくなっている私はもう四半世紀
以上、彼女から学ぶ機会を与えられているのに、なかなかだめ
で、シーズンが移り変わるたびにお金を落とすファッションの
世界に入ってしまったのだけど。

犬rururu

最新コメント
記事検索
プロフィール

drecom_rurururu

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ