2007年10月

Micky!!

昨日。
朝、エレベータで散歩に行くときに会った。
夜、帰ってきてごみを捨てに下に下りたら夜の
お散歩中のMickyに会った。

ごみを捨てている間、ずっとMickyと飼い主のお母さんが
入り口のところにいる。

どうやらMickyが動かずに私を待っていてくれたみたい
なのでした。

うーん、かわいい!
私が歩き出さないと歩かない。
一緒にエレベータに乗りました。

飼い主のお母さんとは今まであまりたくさん話した
ことはなかったけど、そして今も遠慮があるけど。

Mickyをなでてやりました。

ワンコはかわいいなあ。数ヶ月前に実家のワンコが
なくなってからなかなかその気分から脱することが
できないけど、こうして別のワンコに癒されている。

ありがたいなあ。

そういえば、名前の前にワンコのマーク、つけるのも
チーコを思ってのことだったんだよなあ。

犬rururu

米良さんコンサート

米良美一さんのコンサートに行ってきました。

歌はすばらしかった。もちろん。初めてなまで聞いたのでその技巧のすばらしさ、表現力に感動しました。船が海原で揺れるゆらり、と象が鼻を揺らすゆらりは違うんです、音が。

それ以外にも面白い話をされていたので覚書。

クラシックコンサートで日本人はまだ国際化されていない。テレビを見ているような感覚で聞いている人がいる。
喝采し、ブラボーと声をかけることで自分の気持ちも乗る。

日本は八百万の神。一神教で答えが一つというのと違って表と裏があることは分かっている。

神には感謝するだけでいい。お願い事ばかり、はおかしい。

想像力が足りない。今そこそこにできていることだけでも感謝し、感動。

20代のことは歌で自分を勘違いしたことがある。
今は歌を通して、大きな力-神-が与えてくれたものを使って皆に愛を配るという役割をしていると認識している。

日本で皆が不安な気持ちでいるのは、自分を見つめていないから。
できていないことと、必要以上に評価していない自分のいいところも評価すべき。

こじんまりとまとまらない。そういう傾向があるが。自分は今こういう行動をとることに批判があったりしたとしても気にしない。今の自分が、というのではなく60になったときの自分、70になったときの自分が素敵であるように、と今行動している。

三輪さんや細木さん、江原さんが人気があるのは時代の要請。そういう時代になっている。

180センチの身長とキムタクの顔と永井大の肉体を持っていたとしたら自分は駄目な人間になっていただろう。
犬rururu




行く道

自分の意味を考えて、存在意義を問うような基準を探している日々。

その基準は自分がどうありたいか、仲間内でどうなのか、というより選ぶ人から選ばれる基準なのかも、とも思い当たった。

選ばれる、その眼鏡にかなうかどうかということが選ぶ人にとっての存在意義。

一般的な基準ではなく。なぜ大切にするのかという選ぶ側の視点。
それを作ることが今の課題なのか。順番が逆だけど。

選ばれるほうが作る基準じゃない。

これって事業の話。自分の存在を守っているところを別の視点からこうしてみるのはなかなか難しい。
M&Aや、グループに保持する意味。

ようやくそういうのが必要、と気づいた図体の大きい怪物。

犬rururu


かえろかな、

別に親が病気とかそういうのではないのだけど。
かえろかな、

日々、ほとんど仕事で会う人しか会わない。仕事の話以外、自分を出す時間は短い。たいてい背伸びした、望まれているであろう姿しか見せない時間。

家に帰ってきても愚痴もいうでもなく、感情を分かち合う相手もおらず。
おいしいごはんを食べても食べたそばからそのままで消えてく。

おいしいねー、と楽しみを増幅することもなく。

そりゃー、いつか消えていくまでの毎日を過ごしているのだけど。
それにしても。

こないだ、ウクレレ友達、年代も仕事もいろいろだけど安らげる皆でごはんを食べたときは楽しかったなあ。
ことばのちょっとした言い換え、冗談のようなことで盛り上がった。笑いのスイッチが入ってしばらくおかしかった。

ただ単純なことで笑いあう、そんな関係の人々と毎日一緒にいないのは、なんだか寂しい。

犬rururu

28年

たまたままわしたチャンネルで。
30年前の『事件』そしてその事件に翻弄された
二人が28年ぶりに言葉を交わした、という実録。

野球の話。そのころそんな背景を背負いながら
一緒に球場に行っていた友にメール。

やはり同じTV見ていた。

それにしても28年言葉を交わせなかったというくらい、
渦中の二人には大きなことだったんだ、と改めて
その重さを感じた。
20代前半の二人に当時の視線は集中したけど、今思えば
そうでなくて動かされていた二人だったんだ。

二人の名前は。
小林繁
江川卓

犬rururu
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ