2007年12月

クリスマスイブ

いつもと違う場所で。
20071224.jpg

仕事帰りのありあわせディナー。
ダンディゾンのオリーブのパンとバターロール。
(このバターロール。珍しく安く100円以下
だけどとってもお気に入り。おいしい!)
チコリにのせた、手作りレバーペースト。
サラダ。
(友達が持ってきてくれたおいしいドレッシングで)
えんどう豆のスープ。(レトルト、牛乳を加えて)
いかリング
鶏のロースト
ワイン

ウクレレクリスマスソング
犬rururu

今年のクリスマスプレゼント

今年は。昨日も先週もマラソンランナーに会って話を聞き。
20071223_01.jpg

中身は?
20071223_02.jpg

20071223_03.jpg

NIKEのランニングクラブにも入ります。
トレンド感化され力強すぎるか。
楽しそうなんだよな、NIKEのプラス。
i-pod ミニはもっているけど、買ってしまった。
のせられている

rururu

旅を感じるもの

久しく旅をしていませんが、先日ふと思った、旅のときの感覚を思い出したこと、覚書。

最近朝早く出ることが何度かあり、まだ真っ暗なうちに家をでて駅に急ぐ。
そんなときに私は旅の途中を思い出しました。
今までのたび、お金をかけない旅行だとか、不便な場所で遠くに移動するときとか、宿泊先のユースでちょっと気持ちが動いたやはり旅人が出立するのを見送ったりするの、皆、朝というか夜中に近い、まるで太陽の明かりを感じられない闇の中。
でもなんだか気持ちは高揚している。早起きがつらいのだけど、それを超える気持ちがある。
ふと旅を思い出した朝。

もう一つはジリジリジリとなる発車のベル。
やはり汽車が旅の定番。
日本であれば時刻表どおりの電車も、海外では先進国であっても時間はあてにならない。最後の最後まで自分の目的地に行く列車を探す緊張感でいっぱい。
言葉のよく通じないところでの確認はなかなか当てにならず、何度もいろいろな人に確かめて。
でもジリジリというベルに、もうあきらめの気持ち半分で自分の行く手を託す。もう後戻りできない。
その道でいいんだ、と思いこみ、ジリジリのあと、出てしまったら戻れない旅に身を任す。覚悟はできている、旅の行程の、よくある感情。
そんなものを思い出した、近所の駅でのベルの音。

犬rururu
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ