2008年05月

最近の気づき

自分のことなのに、全く最近まで気づかなかったこと。

なんと、頭に両手それぞれ五本の指のはらをを当てて1センチくらい動かすの。小刻みに。
シャンプーの時には今までもやっていたと思うんだけど。。。

結構痛いんだよね。全面 ツボ!

頭の皮、疲れてたんだな、おい。かわいそうになー。
でももう少しもんであげたら、きっと少しは楽になるよー。

とか何で今まで気づかなかったかなあ。

最近、とみに痛いのかなあ。

犬rururu

そろそろ

このところ毎週武蔵野市の日本語交流員の講習を受けています。
面白いし、よく考えられているプログラムだなあと思うのは、日本語の教え方、というものではなく、その前の心構えというか、考えておかなくてはならないことを積み重ねているところです。

この話はまた書くとして。。。

今日の講義の中で今は大阪大学にも籍を置いている平田オリザさんの話が。
彼は医者の卵や看護師の卵に対して患者さんに分かる言葉で、また、一般の人が理解できるようにコミュニケーションできるように指導している、ということです。難しい言葉で仲間内で話す分には伝わりますが、患者さんや一般の人に対していかに伝えるかで、場合によっては命の長さまで変わってしまう、という話もありました。

言葉、に長けている、脚本家(&演出家)の平田さんが一般社会に対して貢献する仕事をしているんだなあ、好きな演劇だけやっているのではなく、そういうつながり方もあるんだなあ、と心にひっかかりました。
というのも私も苦手ではあるけどコミュニケーションを通じて誰かに貢献するようなことをしたい、というのを思い出したからです。

平田さんから話がはずれますが、今日のラジオで田中ウェルヴェ京さんが出ていて、初めて話を聞きました。
メダリストながら私と同じ年というので親近感が出ましたが、それ以上に、それまでの道のりの中で出会ってきて極めたいと思ったことを総合して、自分のオリジナルとして生涯の仕事としようとしているところに感銘を受け、刺激を受けました。
トップアスリートのときの経験におぼれるのではなく、そこから興味が広がったメンタルマネジメントのところで知識を深め、自分だからこそできるコンサルティングを行っている、ということです。

そう。もうそろそろ、今までの経験を総合的に見渡して、オリジナルな組み合わせで自分の道を決めて進んで生きたい、と思うのです。

もうMBAの教科書に載っていたような、一般的な戦略の話は、生涯の仕事として追っていくものではないなあと感覚的に思っています。(ってついていけてない、というのもあるのだけど(笑))

調査をして、戦略をつくりというのは面白いけどそれが生きがいにはなりえないなあと。最近同僚になってそういうことを面白がってやっている人を見ている冷めた自分を感じるところで自分に気づきました。

もうそろそろオリジナルをつくり始めなくては、と思いつつ、極め度をもう少し高めなくては、とも思いながら。。。

犬rururu


最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ