2009年02月

麻酔

5% と 70%
それぞれがそのプライベートの時間のなかで相手と共有する時間の比率。
共有する時間自体は同じなので、分母であるプライベートの時間の長さと、そして会う人数の違い。

どうやらこの数字に比例して相手の心を占める割合が決まっていることがはっきりとわかってしまった。

もちろん私が後者。

心に麻酔、かけたいな。痛みを和らげ、少しずつ傷つきたい。

犬rururu


バレンタインデー

バレンタインデー、今年はお歳暮ORお中元という感じ。
お世話になっている職場の上司、同僚に明日持って行きます。
いつもお世話になっていてありがとうございます!の気持ちをこめて。
そんな機会もなかなかないですからね。
シャイな私はこういうときを利用して。

去年は男性15人、女性3人くらいの部署だったので、もうそんな
気も起こらず、週末だったのをいいことに知らん振りしてましたウインクが。

今年は3,4人。それも皆さん単身赴任や独身、ということで、
パウンドケーキ数切れを持って行きます。

愛をこめたはずの父へのバレンタインはどうしようか、と思ってましたが
今日うちに来たのでケーキをおすそ分けです。
逆チョコ、なかったなあ。

犬rururu

不思議の国

親会社に出向してもうすぐ2年。
あれ、まだ転籍してなかったっけ?って言われるほど
なじんでいるみたいです。

ただまだ大きな親会社には不思議なことがいっぱい!
内線電話で「お世話になってます」
同じ会社の仲間ではないか?よそよそしいなあ。

今日も経理に電話して、担当の子会社の保有株式と
その取得原価相当額を聞きました。
決算を前にして、保有株式の株価の急落を前に減損の
恐れが出てきた会社が現れて。

「教えてください」と依頼したら、
「今まで他の部署には公開したことないんですよ」と。

え?

今の私の業務というか、仕えているCEOの責任が問われる
んですよ。各社の最終の数字は。

公開したことないのなら、そのデータは今までどう使って
いたんだろう?
経理からちゃんと各社やホールディングに警鐘を鳴らして
いたのか?それほどのことはやっていないみたい。

こちらが知り、各社に確認します。責任を負う立場柄。

ほんとに大きな会社は全体のことを見ていない部署、人が
多く、びっくりです。

グループ戦略である海外進出についても、一部署の考えで
物事が進んでいってしまう縦割りの怖さを知りました。
そして出向という外から来ている私はおかしいことはおかしい、
と言える立場にい続けたいと思っています。

あ、いえ、私も大企業病にかかっている??

さっきの経理の人とは内線電話で話しただけ。
データを社内メールしてもらってお礼を送って終わり。

駄目じゃないですか。
縦に長いビルで電話で済ませがちな他部署との話。
顔見て仕事するのが信条ではなかったっけ?
後から来た上司に、出向者の私が彼を紹介して社内を
回ったのでは?

人を相手にして利益をいただいている会社。
だめだ自分も毒されている。

犬rururu

マサイ

うるるんの後続番組で、今日はケニアをやっている。
マサイ族の村を訪ねています。

夕方、途中までやって手書きのアルファベットの読めなさに
辟易して訳出をやめた、ボランティアの手紙翻訳。
マサイ族の子どもたちから日本のスポンサーさんに送られて
きた手紙19通。

TV見て一気に親近感が出ました。一生懸命やらなきゃ。

やはり知っているかどうかで、人がシンパシィを持てるか
どうか決まってきますね。
いろいろなところ、いろいろな人たちともっとかかわりたい。

犬rururu

参りますねー(風邪)

金曜日、明け方というか木曜の夜からおなかが痛く。
金曜日はお休みしました。
背中や節々が痛み、でも熱は微熱程度なんだけど
おなかの痛みが続き薬もないので湯たんぽであたためて。

一人で暮らしていると、こういうとき極度に心細くなる。
体が痛いからお湯を沸かしたり、りんごをすろうかという
くらいでも億劫になる。
ふと40年後?こうやって動けなくなって、誰にも頼れず
寂しい気持ちになっている自分を想像したりして余計落ち込む。

参りますねー。思考がどんどん暗くなる。

中で救いになったのは、Skypeでの友達とのチャット。
おきているときはPCをつけているので、平日なのに家にいるのが
わかったらしく、メッセージを送ってくれた。

ポツリポツリと。昼寝をして起きたら打って、とか。

それだけでかなりな安心がありました。

今、ポットにセンサーをつけてお年寄りの動向をモニターする、
というのがありますが、私が老人になったらSkypeですかね。
24H保護体制、新しいサービス。

今貧乏なおばあちゃん、というのが社会問題になっていますが、
貧乏かつ体を病んでいる独居老人を励ますちょっとした心の
交流、欲しいなと思います。

自分が生きているかちょっとだけ気にしてくれる人の存在が
たとえ顔が見られるところにいなくても、いてくれるといい
なあ。
犬rururu



最新コメント
記事検索
プロフィール

drecom_rurururu

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ