2009年06月

紳士

週末は大阪日帰り出張の土産551の肉まんをもって実家に帰り、母の入院以来初の外出に付き合いました。
歩行器を押しながら近所のスーパーへ、一日目。
翌朝は近所の三鷹の農家を訪ね歩く散歩。軒先販売の新鮮な野菜が私の足で徒歩5分圏内に複数あるのです。
あいにく日曜で、時間も早かったのでまだ野菜がないところ、シャッターが閉まっているところが多かったですが、それでもナス、ジャガイモ、トマト、モロッコインゲン、たまねぎ、と、歩行器の籠に入りきれないほど入れて家に戻りました。

ナスを調理しようと袋を開けたら、紳士と思わぬご対面。
image100.jpg
やあ、ボクのエンターテインメントの世界へようこそ!

横顔は、頭に包丁を途中まで入れてしまったので、かつらみたいに見えました。ゴメンゴメン。
image101.jpg
でもダリばりのひげがステキよ!

犬rururu

父の日

今日は父の日。
昨日から実家に行きました。
母によると父が新聞に入ってきたスーパーのチラシの
父の日特集に目をつけていた、とのことで、一緒に
買い物に行ってくれないかとのこと。
実家に行ったら予告なしの訪問だったので父はびっくり
していました。

一緒に仙川に行き、いくつかの用事をすませ、マックで
100円マックをおごってくれました。
ナゲットを頼んだらいつものとおり、父持参のつまようじ。
どこから出してくるのか、ポケットに直接入っているのでは
ないか、といつも疑心暗鬼になりながら使うのですが。。
ま、使わせてもらいました。

スーパーで父の日特価の刺身盛り合わせか、焼肉用の肉
盛り合わせかを、と思っていたら両方とも欲しかったようで。
でもま、いいか、これは父の小遣いから。。。
私はほかの物と焼肉のたれを買いました。

そちらのほうが安いからと、ビールは家の近くのスーパーに
再度出かけなおして購入。

父の日前日、実家は両親と私で宴会になりました。

ご近所の農家の方からいただいたズッキーニなど食材が
たくさんあって結局食べきれないのでしたが、父協賛の
父の日、なかなか満足なご馳走でした。

父は感慨深そうでした。この日を母と一緒に迎えられたこと。
それが「父の日」ってのがよくわからないけど(笑)。
父の日ってそんなに思いいれないですからね。。

プレゼントは父がいつもかぶっている帽子を新調して
あげようと思っているのですが、今時スーツに帽子という
格好はあまりしている人がなく店も近所で中野(中央線10駅
位の中で)に2軒くらいというほどしか売ってないので、
父が買って来たものをお支払いするという何とも無粋な
プレゼントになりそうです。

それにしても今朝もいつもどおり父にがみがみ言ってしまい、
彼はやけになって、という朝。
(使っていないトースターの上に床を拭いてくれた(拭くのは
父。)雑巾を干しているのが許せず。自分は何もしないのに。。)

それでも大雨の中大荷物の私をバス停まで送りに来てくれた、父。

ほんと、いつももらうばかりのやさしさに、きついことばかり
言ってしまう自分を反省しながら、母が帰ってきてさらにパワー
アップしているようで(笑)ごめんね。

一人になったときには感謝してるよ。
犬rururu

がんばらなくちゃ

今日は唯一上場している某結婚相手紹介業の社長とミーティング。
次世代経営者層を育てる研修の講師を依頼しに。
マーケティングについての講師をお願いして。

偉い人ほど地道にこつこつと積み上げられているんだな、と
今日は自分を振り返り反省。

毎日新聞全紙に目を通し、A4の黄色のパッドに万年筆でまとめて
いらっしゃる。それを毎日繰り返している。

また正月の新聞を一枚に集約してまとめる中で時代を読んでいる。

素材は私にも同じく手に入るもの。特別なネットワークとか、なく
てもできること。

そして悔しいのは半年くらい前には自分もやろうとしていたこと。
朝会社に行ったら新しい、面白い話題を上司と同僚に振りまくのを
モットーにしていたのに、雑事に追われて自信、自身を失い最近は
できていなかったこと。

最近担当企業のお金関係のことが課題として大きすぎて、次の
成長戦略については目をかけられていませんでした。
数字が苦手な自分には役立つことができるのはここしかないのに。

今日お聞きした話の中で前頭葉を活発に活動させるには、
パソコンじゃなく手で書くこと、硬いペンより万年筆や筆で
書くこと。ということだったので、明日から気になることを
ノートに書くのをはじめよう、と思います。
気になる記事を切り取るだけでなく、手で書くことで身になって
いくのだと思います。

そういえばうちのCEOも新聞などで得た情報を必ずノートに
まとめています。そして自分が会って話して聞いてきたかのように
その日の会議で披露しています。書くことで自分の中で消化されて
いるんだと思います。

ひと世代上の方たちが実行されていること、若い自分たちのほうが
実践できないの、情けないですね。

犬rururu

おかげさま

3月からずいぶんこちらのブログには母のこと、母とのこと、母のことを通した自分のことを書きました。

いろいろコメントくれた友人たちにほんとにありがとうと感謝の気持ちでいっぱい。

先週退院し、一週間電話しなくても何とか自力で生きている!と安心できるようになりました。(笑)

介護保険や高額医療費、病院の対応、などなどに体験した分だけ少し知ることになり、高齢化社会における望まれるソリューションについて実感として話が少しできるようになりました。おかげでそれまでほとんどなかった白髪が目立つところにかなり出てきたけど(笑)

老いた親のいろいろのこと、読んでくれている友人たち、それぞれにおきていることだと思う。私がとりたてて書いたこと、何だか申し訳ない気がする。

でも書くことが自分のストレスコントロールだったし、コメントをくれた皆さんになんとも支えられたことか。最近直接接する機会は少なくなった皆にもらった、思いやりのこもった言葉にどれだけ救われたか。

どうもありがとうね。

まだ家の中にしかいられない不自由な母ですが、夏には旅行に行きたいとのたまっております。
そのためには月々ちゃんと貯金をしなきゃだめよ、といい、私も少ないだろうボーナスに半分希望をかけながら日々節約しております。

血糖値の高い母に、玄米を炊くために圧力鍋をプレゼントしました。
これからいろいろ勉強しなきゃ。

犬rururu

生きる力

母も今度の火曜日、3ヵ月と少しぶりにようやく退院予定となりました。
長く感じたその時間の中で私もいろいろとありがたいことに遭遇しました。
今日も実家にいたら母の友人から2件、電話。それまでだったらお話を
する機会もなかったでしょうに、この環境の中でゆっくりお話をしたり。
母の兄弟と都度連絡したり相談したりというのもこんなことがなければなかったかも。

それにしても母のしたたかな力によって今回ちゃんと家に戻れる、というのはうれしい限りです。

入院してから連日のようにお友達から実家へ問い合わせと心配の電話。
父は対応に追われ。
お見舞いに来ていただいた方々も二桁。
余裕の出た母は、自分の最期の時はこうして皆が集まってくれるのか、とのたまっていました。

絵を描いたりし始め、自分が書いた俳句の会の冊子を見直し、そして毎日の看護士さんやリハビリの先生との会話では冗談をいい。
冗談については前の病院の早いうちから言っていたようですが。
(それを後から披露してくれるのも、心が元気だと伝えるために言ってくれているようだと思いながら。)

明日は病院での最後のリハビリ。
ゲームのような、もぐらたたきみたいなリハビリに闘志をもやしていました(笑)

一方、自分を振り返るとついつい悲しいこと、後ろ向きなことを考え勝ち。泣き顔で歩くこと多し。
将来独りになって病気になったときはこんな感じでは、すぐ萎えちゃうな、と思いつつ。大きく違うな、母とと思う今日この頃。
犬rururu

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ