2010年01月

演劇??

今ニュース見ていて初めて知ったけれど
平田オリザさんが鳩山さんの演出家なの??
どうやって選ばれたんだろうね。
私は彼の劇団のオーディション受けてだめで、
一度だけ20年前に芝居観ただけですが。
面白い人だと思うし、やることに共感することも
あるけど(大学の先輩だし)、一般受けするかは
よくわかりません。

20年前にアメリカには政治家のライターや演出家が
いることを知り、日本でもそれをビジネスにする
第一人者になるというかすかな夢も持っていましたが、
いまだ雇われ人。でも図らずも、上司の発信原稿を
書いたりするようなサラリーマン生活を送っています。

それを言ってくさくならないキャラクターの人だから
ちょと大げさなことも書いたりしていますが、鳩山さん
はあまりとっぴな演出しないほうがいいのでは。。。
違和感を増幅しまた宇宙人度が増してしまいそうで。
オリザさん。役者の可動域を見なくては。

犬rururu

再び夢を作るとき

ちょっと酔った頭で見たTVからいろいろと感じることが。

初めて見たNHKの世界の街角から。
自分が旅している感じで、楽しい。地元の人と交わるのが
旅の楽しさだから。
出て来た人は結婚で全く外国に来た、といっていたけど
楽しそうだった。
そういうハプニングでそれまでの人生を変えて楽しめる
柔軟性、憧れている。
そして近所に住む人たちと仲良く家族のように過ごしている
のもいいなあと思い。マンションの人たちと一回だけ交流会を
して楽しかった思いをまた、したいなあ。

僕らの音楽ではコウダクミちゃんの憧れの鈴木聖美とのセッション。
二人ともカッコイイ歌を歌い続けて。
自分も好きな歌でちょっとだけ破片でも感じてくれる人が
できるようなライブしてみたい。

鶴瓶の番組に吉永小百合が出ていたけど、その自然な感じもよかった。

いずれも共通するのは自然体、そういう様子でいることで
自分の夢を貫いて、周りの人たちも楽しそうな感じ。

一方自分振り返ってだめだめだと思う週末。
ウィークデーは何とかやり過ごし、家族や友達とのふれあいのある
週末を待つような日々。

仕事が人間関係でうまく行かない部分があるなら(ほんの一部
でもだめなときは気分が乗らずだめで。)夢を見ながら何か
やるウィークデーでも。

私の夢は旅と歌にあることを再認識した1時間のTVザッピングでした。

犬rururu

明日は少し早起き?

今日は仕事に。休日の登録のまま、結局9時まで会社にいました。
でも少しだけたまったものがすっきり。

あさって月曜日、父入院。火曜日内視鏡にて手術。

早期の胃がんといわれていますが、今までの検査などでは
リンパへの転移が認められず、まずは内視鏡にて切り取る
ことに。

内視鏡と切除、どちらにすべきか切ってみないと分からない
ということですが、内視鏡での治療ですむことを祈っています。
というか、もうこちらはその気でいます。
軽い気持ちで。

明日は入院前日。初めての外科的手術。初めての入院を前に
父と日常を過ごしに実家に行きます。仕事に後ろ髪引かれながら。。

近くの深大寺にこの秋冬、我が家のひとつの遊びになっている
そばやめぐりをしようか。

母は自分の趣味の活動でほぼ一日空けるらしい。本当に
日常的にすごしています。心配していないのでしょう。

思えば9カ月前、母が緊急入院から3カ月間入院が続き、
父とは同志のようなものでした。
いまや母も要介護1からリハビリ重ねて自分の意思の通り
飛び回れるくらいになり、父もキット大丈夫なはずです。

明日は早起きして、実家で朝ごはんを食べるくらいに
むかおうと。

犬rururu


ほっとするひととき

このところつかれています。仕事に対する自分の能力のなさ、
所在のなさに。。。担当各社のリストラ、再編と生き残りには
必要ですが、バブルの成長期に仕事に着いた自分には
すすめることになかなか気持ちがついていかず、ニッチな小規模
でも新規事業を立ちあげて細々とでも元気にやっていくような
働き方がいいんだろうなあと思いながらこのところ過ごして
います。

でも!今日はちょっといいことがありました!

職場で夕方別の階に用事がありエレベーターホールへ。
そうするとたまにしか来ない隣の部署のうるわし秘書Sさん。
帰るのか、ステキなモスグリーンとグレーの間の
ロングウールコートとキツネか何かわかりませんが、
ショール。
お久しぶり、お疲れ様です。
と声をかけると窓際の彼女はアンニュイな感じでこちらを
振り向き、富士山がきれい。。。
エレベータの到着を知らせるランプにあわてて、私も窓ぎわへ。
おお、淡い夕焼けの中に見慣れた姿が。
あの影は富士山。
来たエレベーターに乗り込む彼女と、微笑を交わして
見送りました。

私はやがてきた反対方向のエレベーターに乗って上へ。
用事が終わってその階のエレベーターホールに戻って
来ると、たまにうちの部署に来る、名前を知らない財務部の
彼。
自部署から手ぶらで出てきたと思うと、エレベーターの
ボタンも押さずに窓際へ。

目が合う。私が富士山?とつぶやくと。
そう、あれ、影しか見えないけど。と。財務部くん。
今朝はもっとはっきり見えたんですけどね。

そうだったね。と私。今朝は私は見てなかった。正直に言うと。
でも何だか話を合わせたくて。

来たエレベーターに乗り込みながら返す。

普段ほとんど話をしない人たちと、一緒にほんのひととき
きれいな富士山を分かち合った。

こんなことがとてもうれしく、ほんのちょっとした心の
交流。こういうことが職場にあることにほんと、うれしかった
んです。

これからもっと厳しくなると思いますが、そういうときこそ
より、人と人との係わり合いを楽しめる余裕を、というか
互いに支えあういい時間を少しでももてたら。。。

犬rururu夕日

こころない一言

今日は仕事の途中で、お前、自分でやれよ、と何だか急に
切れられました。それもこちらに聞こえるか聞こえないほどの
小さな声で、怖い顔で。
「お前って私のことですか?」と聞き返しました。

彼の勝手な思い込みでした。その後それを説明したら
ちょっと所在なげにしてましたが。
それにしても、あなたからお前、とか○○だよ、とか
いわれる筋合い全くないよ。
そんな親しい間がらじゃない!(笑)
冗談じゃない。謝れ!所在無げにしてごまかして。
自分のいらいらぶつけただけでしょう?
私にだって親がいて、自分を大切にしてくれる人はいる。
そんなに人を軽んじた言葉を軽々吐くな。
そして今のままで会社の経営者になりたい、なんていうな。

あー、あたまにくる。そして悲しいよ。
って、同じレベルになっちゃうか。。。。

明日会社に行ったら、昨日はすみませんでした。切れてしまって、
大人げなかったとでもいおうか。怒り

犬rururu
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ