2010年04月

しまシャツ、しまT

最近、買っているもの改めて確認したら、しましましましま。。。

しまシャツ2枚(リミフーとユニクロ)
しまTシャツ3枚(It's international、GAP)
写真はまたアップしますが。。。

こないだの社長ミーティング、何だか開放感があって、
手書き風のGAPのボーダーシャツを来て行こうかと
思いましたがとどまりました。
かわいいので着ていきたいのですが、はやく!

rururu

そぞろ歩きの午後

おととい、土曜は久々にゆっくり街へ。
友達と外苑前で落ち合って一軒目メニュー見た瞬間にだめ!と思い、
2軒目に行ったところは奥まったところにあるビュッフェでしたが
知る人ぞ知るという感じでお客さんも多く、ひとつひとつがおいしい
お店でした。つい食べ過ぎました。
何とかAZULというお店。

その後ワタリウムで感動の美術展を見た(カラーと構図が天才的だと
思いました、ともだちはあまり??だったけど。ちょっといっちゃっている
感じがしたそう。)後、さらにナガオカケンメイさんの会社について、仕事について書いた本を見つけ、ゲット。
今の自分にぴったり、と出会いに感動。

その後表参道、青山表道裏道そぞろ歩き。足が痛くなってしまいましたが
ひさびさに写真を撮ったので、このブログで初アップ。

IMG_2633IMG_2634IMG_2635

IMG_2636

私利私欲

仕事での統合に際していろいろと人間模様を見ることが出来て、
あるいみ面白いところもあります。
面白いといっては皆真剣だから失礼な話ですが、特に統合後に
縮小しようとしている経営陣に入るか入らないかとかでぎりぎりに
ようやく決めたので、それによって態度が変わってしまう人そうで
ない人。。
面白くはないのです。事務局的立場にいる自分に直その人たちの
心のおりがかぶってくるから。急に冷たくなったりした人になじられ
たりしますから。

でも自分の事を再認識したのですが、同年代以下の仲間たちに
とって自分が何らかの役割を果たせたら、彼らが活躍できる場所を
作ることが出来れば自分は満たされる、だからおじさんたちの
そういうおりは受け流そう、と。

これが自分の一つの欲求であることを再認識。これまでの
仕事生活の中でやりきれなかったこと、という自分の思いも
ありまして。

そしてもう一つの欲は、この人、と信じた人が自分の思う方向性で
最大限に力を発揮していただくのを支えること。
自分ができないから頼りにするしかないのですが。。。
結構、この人、と思うと尽くすタイプ。ぞっこんになってしまいます。

合併と成長戦略についてこれまでも自分で考えてはきたけれども
成長エンジンとなる決め手が見つけられずもんもんとした2年半を経て
今度社長をお願いする人はそれを実現させてくれる人だと望む
ことのできる実績と人間力を持った人。(ちょっと肩入れしすぎですか?)
本当はもっと大きな範囲で活躍してもらわなくてもったいない人
ですが、とりあえず私たちの事業に専念してもらえるのがありがたく、
年代も近く気負いなく言いたいことはいいながらできる人だと思って
います。(逐一相談することに対し答えてもらっています。共感性も
高いです)
彼は他の任務も追っているので、子分的立場からうまくさばき、成果が
残せるように動ければと思っています。

そして3つめの私利私欲。
20年前、大学生の時に起業しようかと思っていたことにつながるん
だけど。
そのころ、アメリカの大統領にはスピーチライターという人がいて、
スタイリストがいることを知りびっくりしながら、日本でも政治家や
財界人、社長さんたちのコミュニケーションを助ける役割は
いつか仕事になるんじゃないか、と思っていました。
そして3年前からついた戦略の仕事、今のCEOについてからは
特に彼が話す原稿を起こしたりして(といっても彼が考えることを
文字にして再確認するだけのことですが)昔おもっていたことを
仕事にしているかも、と思ったのでした。

そしてこの統合。
新しい会社を作るうえで、新しい経営者と、内部、外部との
コミュニケーションの仕方が結構重要だよな、と思いはじめ。
(PMIポストマージャーインテグレイションの要の一つ)
特にこれまで自分の出身会社の方では社員とのコミュニケーションの
まずさにモチベーションを失っていくのを見ているので何とか
それを回復したいと思い。
恣意的に作るのではなく、新しい経営者と新しい会社を一つ
一つ作っている人たちをより効果的につなぐ、そんなプロデューサーと
言ってしまっては恣意的に捉えられてしまうかもしれないけど、
思いをぶつけ合い、いい方向に向かう場を作る役割として
動ければ、というのが私の私利私欲です。

欲はナンだろう。

多くの人と触れ合って、多くの笑顔を見ることができることかな。
それに携わっているということに自負を感じるくらいか。

そしてちょっとこうしたらうまく行く、というようなティップスを自分の
手の中にもつことかな。

おじさんたちの私利私欲に惑わされず、信じる道を進み、仲間と
喜ぶ1,2年後を夢見ています。
るるる

まだ第一段階ですが

この3カ月、FAなど合併アドバイザーには時間が短くて
大変といわれていた、統合を今日、外部発表しました。
ネットで見る限りはそれほどのニュースになっていない
ようですが、実際にやったものにはいろいろな思いや
体の無理が聞かず大変でしたが、初の、でも自分的には
大きな意味を持つ仕事を一つやったので、ごほうこく?
しておきます。

私はスタッフで、主に社内向けの資料(最大の難関、大株主を
突破する資料)を作成するという仕事をしていましたが、思い
入れの深かったのはやはり統合の一方が自分の出身会社で
あったこと、私はそこからホールディングに3年前に送られた
身分のままであり、
そのころから今回の統合がミッションと自分で勝手に思って
いたこと。提案資料は作りましたが、
統合だけでは合理化しかなく、その成長エンジンが
ないと、と行き詰っていたのを、新星のごとく現れた、これまでの
業績も理論も経営者としての人間性も充分だと思われる新経営者が
いろいろな縁もあり目の前に現れてくれたこと。

自分の実績になるほどの貢献はまだ出来ていないと思いますが、
心はくだいて、気持ちの入った仕事が出来たか、と思います。

これから合併に向けた準備において、より自分の人間性さえ
問われるような状況において何とか効果を出せるように、と
思っています。

rururu

感じ

はじめて、新しいブログでアップしてみます。

自分の事、というか自分が周りに出している影響とか印象とかって
なかなかわからないですよね。
以前、無言のまま歩いてお辞儀をするだけで、その第一印象を
もらうようなセミナーがあったときに、30人くらいの初対面の皆さんの
私の印象は、頼れそう、信頼できる、というものが多く、歩き方と声の
出し方と体のこなしで、自分ではあまり思っていなかったけど
初対面の人たちにそんな印象を与えているんだな、と自分に
とっては新鮮な印象であり、そればかりではやだな、と思いました。

今日は仕事である人にずっと事業戦略を語っていただいてそれを
テープに撮るということをやりました。
話し手の相手は自分しかいないし、レコーディングしていながらも
なるべく意識させないように、こちらも相槌をうったりメモをしたり
して普段の感じでやっていました。

終わってテープおこしする段。いつも聴いている話し手の方の声は
いつもどおり聞こえてきましたが。
自分の相槌がどんな風に聞こえるのか、気になりながら聞きました。
自画自賛ながらまあ、それほどはずさないタイミングで相槌を
うっているようで、ほっとしました。

ただ歌のレッスンの時に撮っている自分の地声の話し方と、ちょっと
違うな、と。
いやらしいほどではないですが、いささか水気を含んで、耳心地の
いい音になっていたのに気づき、だれも聞いていないのにちょっと
恥ずかしくなりながら聞いていました。

かなり抑えているつもりなのに、気持ちが出ているらしい証拠を
聞いてしまい、ほんとはずかしかった。
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ