ここしばらく仕事ネタになってしまって。
もっと軽く行きたいところですが。ほとんど日記ですね。


週末に「ビジネスゲーム」という本、ちょっと年上のキャリア女性から
借りて読んでいました。勝間さんが推薦文を書いているもので
男性の作ったビジネスの世界のルールを女性も知っておこう、
出世を目指すならそれを知らなきゃ、という内容で。

ビジネスゲームの世界は軍隊。序列、組織が大前提。
出世もラインからはずれたスタッフの世界は、専門家として
高度な能力を必要とし、秘書などでも実にオールマイティに
能力が必要なのだが、それは経営陣に届く道ではない、という
言われればそうだし、だけど普段の行動であまり普段意識して
いなかったことが書かれていました。
軍隊というのは、上が言うことを遂行して評価されるけど、役割から
外れたことをいくらやってもありがたがられはしても、評価には
つながらない、ということを書いてある本でした。
確かに周りを見回すと自分の役割ではない、頼まれてもいないのに
つなぎ的なことをやるのは女性が多いような気がします。
自分も、本来指示を受けた仕事以外に自分ががんばることに
自己満足的なものを感じていました。けど、評価という観点から
いえば関係なかったんだろうなあと思いながら本を読みました。

一方で指示を受けた仕事がうまくいかないけど別のことをやることに
よって自分の心のバランスをとっているような気がして、それは
それでストレスを感じていた今日この頃。


指示を受けた仕事その一がうまく行っていないところがあり、それに
対して社長から、今までのやり方がまずかったんだろう、との
評価を昨日もらって。
自分ひとりでやっている仕事ではないのですが、専門性を持った
人たちや親会社をうまくハンドリングできずに、社長のこれまでの
経験から持っている品質基準(スピード感とレスポンス内容)・
期待レベルとは違っているらしいです。
こちらとしては初めての仕事で親会社の大組織ゆえの縦割りや
時間感覚の違いや、専門性を伴う内容で自分は専門の人たちの
いうなりになってそれをただ報告するだけに陥っていたので、
納期期限内に何とかしなくては、という社長のニーズに合わなかった
のだと思います。

電話で社長と話して、社長のこれまでの評価をいただき、本来自分で
やらなくてはならないだろう領域まで社長がやってくれていたりして
へこんだのでしたが、ちょっと声にでてしまっていたのか、いつもの
社長の気遣いで言葉をもらいました。それがまた落ち込む原因にも
なったのですが。。。

「大丈夫か。へこまないように。がんばれ。結果を出してくれれば
いいんだ。」

前述の本を読んでいた影響もあり、結果を出してくれ「さえ」すればいい、
というメッセージが頭を占めてしまいましたが、その前に言って
くれた言葉をどう受け止めていいか、迷いました。
たぶん自分の声の調子をつかんで言ってくれたのでしょうから。
そこだけつかむとなきたくなるほど。

でも自分が奔走しながらも、周りの組織を社長の基準からしてうまく
ハンドリングできずに結果が出せない、というのは、ほんとう。
社長の要求に対して自分としては納得できない部分については
話を聞いてもらい、指示を明確に出してもらいましたが。

社長という役割の人に対してはこんなことに気を使わせずに、
途中経過を相談せずにもいい結果だけを報告するようなやり方がいいのだろうか。
相手はいろいろな案件を抱え、全社の方向性を決めなくてはいけない
社長だし。
自分が指令をうけていることは社長の大きな関心事であることは
確かだけど、逐一報告しなくてもいいのか。。。
初めての社長付きに戸惑っています。

一方、社長の日々の心配事に対するため息、みたいな話は
結構逐一話してもらっていたり(他の役員、部長には一つ一つ
言わないこと)、社長の目、耳、一部口の代行的な役割も
任じているところもあり。(社長が出ない会議に出て報告したり、
社長の意図を役員さんに伝えたり、社長が気づかないところまで
気づいて対応したりすることを求められたり-今日出来ていなくて
悔しい思いをしたことがありましたが。社長が事前チェックした
という役員さんが書いた社長名の手紙を私は自らチェックせずに
送ってしまい、後から読み返したらもう少し気遣いのある伝達の
仕方があったな、と後悔。)

そんな中。
昨日から私の指令を受けた業務に対し、少し希望のある進捗が
あったので途中経過だからまだ報告するまでもないのか、と思い
ながらも社長にメールしたら、よかったね、と返信。

はあ、求める基準が高いだろうと思う人から少しでも気遣いをみせ
られると参りますね。涙が出そうになった。で、その報告の内容は
まだ全面的にOKというものではないので、その辺改めてきちんと
説明しなくては、と思いながらも、それをわかった上そんなメールを
返してくださったことに感謝で。

電話でもメールでも気持ちをぐっとつかまれながらも、でも一方
冷静に考えると、期待値にそぐう、はっきりとした成果を出さなくては
満足してもらえないんだから、と気を引き締めるのでした。

(新しい上司は安心できない。。。)

rururu(ちょっと酔っていて長くくなりました)