数年前まで。
うちから駅までの道で毎週日曜日にプリンを売って
いたかときち。
奥様のあむちゃんの作った、彼女の子供のころからの
理想を形にしたちょっと硬いプリン。焼き鳥が入っている
ようなパタパタと開くケースに入れて、一つ300円。

私は吉祥寺に住む自慢でうちに遊びに来る人には
いつも食べてもらっていた、でも300円。
日曜にしかこないから、ちゃんと、計画的に買いに。

彼らが北海道でかときちというだんなの方の地元で
周りに何もない土地に蓑虫みたいな家を建てたところ
まで、サイトでみていたけどその後知らなかった。

今日届いたクウネルでやはり私の好きな高山直美さんの
記事。アムプリンというちょっとサイケな、時代を違えた
ような彼らの応援をしていたのは知っていたけど、彼らを
訪ねてそれが記事になっていたの、びっくりしました。

これから読みます。

そして昔の朝日が丘の総理大臣とかのドラマに出ていた
役者に似ているカトキチ(アム夫)がどうして献身的に
彼女の夢により添えるのか、聞きたい。尽くす夫。それが
喜びなら、いい。

rururu