占いでも、この方の占いには背中を押されたり、
分かってもらったり、深い示唆を得たりします。
石井ゆかりさんの占いから
(みずがめ座11月10日からの月間占いより)

この時期の水瓶座の星回りを見ていて
開拓者精神(フロンティア・スピリット)
という言葉が思い浮かびました。
前例のないこと、
まだ誰も見たことのないもの、
そういうものに最前線で向かっていく動きが
この時期の水瓶座に見られるような気がするのです。

新しいことを始める時、
そこには「こうすればいい」という正解が存在しないため
多くの人が二の足を踏んだり、
誰かの後についていきたいと考えたりします。
特に、短期的な成功ばかりを要求されることが多い現代では、
安全策、つぶしのきく選択肢が優先されがちです。

でも、この時期の貴方は
おそらく、非常に勇敢だろうと思います。
暴勇ではなく、
貴方にだけは解っている、というような
ハッキリした勝算があるからです。
また、安全策やつぶしのきく選択肢の方が
結果的には危険が大きい、ということを
見切っているのかもしれません。
攻めるべきときに攻めないのは、かえって危険なのです。

「自由な発想」にかけては、
水瓶座の右に出る星座はありません。
この時期は、そんな持ち前の才能が
見事に生かされる時です。
水瓶座の人は時々、
「成功するかどうか」を度外視して
何かを始めてしまうことがあります。
成功するからやる、うまくいくからやる、のではなく、
成功しようがしまいが
「そうすべきだから」やる
という場合があるのです。
この「そうすべきだ」というのは
ルールに従うとか、誰かに強制されるとか、
状況に制限されるとかいうことではありません。
水瓶座の人の心の中には、
クリスタルのように澄明な「善」の塊があって
その「善」の塊の命ずるところがすなわち、水瓶座本来の
「やるべきこと」なのです。
ですから、水瓶座の人が
「これをやるべきだから、やる」と考える時、
それは全く自由な発想であり、自由な行動なのです。
この時期の水瓶座は、そうした「自由な発想」を
とことん生かして行動することになるだろうと思います。


rururu