自分発見

おひとりさまハイキングないちにち その二

最初からだめだめ。

調べていったコースは東青梅からバスで、というものでしたが
何をぼやぼやしていたのか、東青梅乗り過ごして気づいたら
終点の青梅。
だって遠いんだもん!ぼやぼやしちゃったよ。
東青梅に戻りバス停に行ったら40分待ち。待つようなお店も
ないし、もう昼近く。ぼやぼやしてられない。
青梅にも同じところに行くバスがあると書いてあったので
また青梅に戻り同じくバス停に行ったら30分以上待ち。
でも待てよ、他のコースはないかなあ、と観光協会に行って
おじさんに3時間くらいで歩けるコースは?と聞きましたら
1時間ちょっとと4時間超のコースを教えてもらいました。

とりあえず途中までは一緒だから歩き始めました。
歩き出したら
IMG_2687


















IMG_2688













といきなり、元あった民家を生かしたような、ステキな
思いの詰まったカフェ二つに遭遇。
青梅の表通り、映画看板の通りは行ったことがありましたが
裏、山の方にも楽しいものがあるといい発見をしました。

その後山の方へ。
IMG_2690


















保育園の子どもたちの遠足などに遭遇した後いよいよ
ちょっときれいなところへ。

歩きやすい道でたくさんのおじさんおばさんに会いながら、
自分はちゃんと挨拶できるんだろうか、こういう場面では
しなくちゃな、とどういう顔ですれ違えばいいのか、と緊張
したのは最初のころ。
でも次々すれ違うころには、何だかわからないけど頭に
浮かぶことはうきうきしたことが多く、自然に口角が上がって
いい挨拶、すれ違いができました。
毎日来る、というおじさんともお話。
その後3人くらい走っているひとに会いました。
トレランはやっているのか、このコースがたまたま
走りやすいのか。

おじさんにあってから2時間くらいかな。誰とも会わず。
そのうち小さな石に足が滑ったり、そして山間のちょっと
厳しいところを歩き続けるに表示もなく、自分に対して
全ての信頼を置くには不安だな、と思い始めました。

昔、山をなめていたのか伊豆に行った時の朝の散歩、
ひとりで裏山に行って思いがけず滑って捻挫したり、
富士山でやはりくだりで結構苦労したのを思い出し。

3時を過ぎ、くもりの空が山間には光を差し込まずに
薄暗くなってきました。
まだ3キロくらいある。平地の3キロと山の3キロは
違うので、いったい4時過ぎには帰れるのか??
足ももつれ始め。
途中不安になり、自分のPCメールに時間と場所を
送っておこうかと思ったりしました。



それでも、よかったあ。
4時前に自動車の通る道路にでました。
これで帰れる、と。
IMG_2705














自動車道に出たらきれいな花が待っていてくれました。
山道が途中わからなくなり勇気ある撤退!と声をかけて
もどったりしたときは不安だったなあ。
足がちょっと滑りそうになったときには、ひとりごち、
注意!注意!と声をだしてももをたたいたり。

ひとりハイキングは自分のペースで歩けるし、息が荒く
なったり、よいしょっと声をかけてしまったりしても
恥ずかしくなく歩けますが、何かあったときのことを
考えるとやはりだれかと一緒のほうがいいのかなあ。
暗くなってきて、なかなか最終地点にたどり着けなかったときの
不安といったら。

山の途中で同期の友達にメールしたら彼女も休みだった
昨日誘ってくれたらいけたのに、ということでつくづく残念
でしたわ。

rururu


おひとりさまハイキングないちにち その一

今日金曜日はウィークデーでしたが仕事がつまっていないのと
GWに自然に触れるたびをしていなかったので、朝起きて
空がきれいだったのでハイキングに行こう!と思い立ちました。

それでもウィークデー。親くらいしか誘えないかと電話したら
老親はそれぞれ予定がありまして。

ネットで中央線、青梅線でいかれるところのコースを調べて出発!

いろいろ見ていたので10時を過ぎてました。

はと麦茶を煮出して水筒につめ、残念ながら炊いたご飯の在庫が
なかったので、近くの農協のお店でから揚げとセットになった298円、
林檎玉林150円、チキンのキャベツメンチ110円を購入、他の
店で遭難した場合に、と思いあめとチョコを少し手に入れて。
駅に向かいました。

駅の近くに行ったらマックの看板が目に入りました。
いやー、この数ヶ月忙しくて6時ころ駅前を通るようになって毎朝
横目で見てきた看板。
朝マックをあこがれながら油が多いし、できるだけ早く会社に
着きたいというのがあってあきらめてきたけど憧れの看板

ええい!行ってしまえ。440円のサラダマリネマフィンのセットで
幸福になるのだったら。お休みの特権を味わえるのだったら。

珈琲がおいしかった、というか好みのものでした。
ちょっとロースト感のある、それは粉を後から入れているような
ものかもしれませんが、珈琲らしくこういうのが私は好きなんだと
改めて実感しました。

ただハッシュポテトは昔より小さくなっていたか、とおもったのと
マフィンはまあ軽いものだったので、440円だからお得か?と
いえるかといえば、疑問でした。
ただお得感を常に要求されるお店も大変だな、と思いました。
マックは最近不採算店舗の整理とあわせて
店舗や商品の付加価値を追求しているように見えますね。
お客さんがその付加価値に◎を出してくれれば、双方ハッピー。
ひとつだけリクエストするとすれば、掃除をがんばって欲しい。
私自分は片付けも掃除も苦手であるのですが、ファーストフードの
店で買った後2階に上がるの、ちょっと躊躇するというか、快適で
ないなあという気分がいつもあります。

まず階段の側面、食べ物を持って上がるときに食べ物と一緒に
目に入るところ。
それほど気を使って掃除されてません。ぴかぴかではない。
他にたまに行くサンマルクカフェ(吉祥寺)でもいまいち。

あと、2階以上ということでごみの処理とか下げたものの片付けが
できていなかったりすることがあります。
お客さんが座って食べるところのテーブルの上なんて誰も拭いてない。

安いもの食べているんだからガマンしなきゃ、と思うしかないのか、
それでいいのか、その辺解決したらもっとお客さんは増えるのか、
それとも関係ないのか。

朝こそ優雅に、ホテルの朝食までは望まないけどいい景色の中で
過ごしたいなあと思ったりするのですが、もしかしたらここに商機が
ありますか??
最近朝活とか話題ですが、いい一日のスタート、自分を認証する
場所にはやはりグレード感もとめるのではないかなあ。

その一は話がそれてしまいました。。

その二ではおひとりさま、というところに焦点をあてて?
その他も含め書きます。

rururu

占い

昨日は横浜めぐり。中華街のお寺でおみくじを引きました。
中国式のお参りと占い、何だか指示もよくわからないまま、
いくつかやり直しをした後引いたものは、
願っていることが何も成就しないということでした。
中に例文があり、婚姻関係について書いてあったのですが、
うまくいかない、と占いにあったのをそれをうけてそのまま
別れた人たちがいたが、占いの真意としては互いに対する
思いやりを持て、ということでありました。その結果うまくいかない、
ということが書いてあったようです。

今自分の仕事と思っていることの渦中にあり、困難なことは
たくさんあれど、そしてハードルも高いながら希望を持って
やり通せばいい結果が待っているとしか信じていない状況なので、
この占いの結果は、含みはあるとしても厳粛に捉える機会を持たせて
くれました。

自分が今いる立場でちょっと思い上がって、人に対して何かを
影響できるだろうなんて、どこかで思っていたのだろうと振り返り
ました。
謙虚に、一つ一つ話をし、一歩一歩すすんでいくしかない、自分の
力量をちゃんとわかって進むしかない。

でも今日見たマイロハスの石井ゆかりさんの占いではちょっと勇気
付けられもし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
情熱が大切です。
愛情も大切です。
いまはそういうものに充ち満ちている時期なので、
それをどんどん活動させていかなければならないのだろうと思います。
創造性とか、率直な気持ちとか、
求める気持ち、誰かや何かに強く惹かれる気持ちなどを
どんどん水をやって育てたり
どんどん油を注いで燃え上がらせたりしなければならないのだろうと思います。

水瓶座の人はそういうことをどこか
「押さえなくては」
と考えるところがあるようです。
クールでいなければならないとか、
「情」なんて恥ずかしいし役に立たないとか
そんな風に考えてしまう人もいます。

でも、それは役に立つのです。
それがどう、役に立つのかを
今こそ、体験学習できる時なのではないかと思います。
貴方の「情」を植木にやる水や火に注ぐ油として必要としている人がいますし、
貴方もまた、自分の生活の中の植木や炎を強化する「情」を
誰かから受け取らなければならない状態にあるのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まで「情」について、思いがありながら伝えるのが下手なもので
自分の思いをハンドルできませんでした。
一部、そういうことは離れていようとしていたところもあります。

でもここに来てはっきりと見えてきたのは、そういう思いは話続け
なければだめなんだ、というか、そうしたい!ということです。

rururu

再び夢を作るとき

ちょっと酔った頭で見たTVからいろいろと感じることが。

初めて見たNHKの世界の街角から。
自分が旅している感じで、楽しい。地元の人と交わるのが
旅の楽しさだから。
出て来た人は結婚で全く外国に来た、といっていたけど
楽しそうだった。
そういうハプニングでそれまでの人生を変えて楽しめる
柔軟性、憧れている。
そして近所に住む人たちと仲良く家族のように過ごしている
のもいいなあと思い。マンションの人たちと一回だけ交流会を
して楽しかった思いをまた、したいなあ。

僕らの音楽ではコウダクミちゃんの憧れの鈴木聖美とのセッション。
二人ともカッコイイ歌を歌い続けて。
自分も好きな歌でちょっとだけ破片でも感じてくれる人が
できるようなライブしてみたい。

鶴瓶の番組に吉永小百合が出ていたけど、その自然な感じもよかった。

いずれも共通するのは自然体、そういう様子でいることで
自分の夢を貫いて、周りの人たちも楽しそうな感じ。

一方自分振り返ってだめだめだと思う週末。
ウィークデーは何とかやり過ごし、家族や友達とのふれあいのある
週末を待つような日々。

仕事が人間関係でうまく行かない部分があるなら(ほんの一部
でもだめなときは気分が乗らずだめで。)夢を見ながら何か
やるウィークデーでも。

私の夢は旅と歌にあることを再認識した1時間のTVザッピングでした。

犬rururu

リアルライフ2

そうそう、前の記事で書こうとしていたこと、書きながらうまくまとめられずに書き続けてしまったので話しがそれて行きましたが。
(コクハク&イイワケ:大概の場合、私はお酒を飲みながら記事を書いているので)

本による、ビジネスでの男性のルールといえば、仕事のゲーム化なのですが、私が今年母の入院、退院を経て思ったのもそう、ビジネスの世界と違い、肉親との生活あれこれこそ、リアルな人生だと思ったこと。仕事に戻ると、ゲームみたいなものだと気が楽になったこと。

ビジネスの世界が100%、自分を説明する100%という人には聞いてももらえないだろうし、申し訳ないけど、会社に戻ったとき、ほんとに気が楽になりました。どうにでもなる、と。

リアルな世界では、どうしようもないこと、望むように解決できないことをどう受け入れるか、どう対していくかという人生観を問われることがある。解決しようないことがあるのがリアル。
でも仕事の世界は、もちろん従業員を一番にしたステークホルダーの生活を考えるとリアルライフに入ることになりますが、その手前、上段のところでは正論だけあればいい。
私がちょっと苦手だから思うのかもしれないけど、合理的にうまくビジネスを捉えた欧米で発達した財務諸表にあらわされたビジネスの仕組み、それもきれい過ぎる、出来すぎと感じて。
犬rururu


最新コメント
記事検索
プロフィール

drecom_rurururu

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ