発見

ビジネスルールって

昨日は業界いろいろ、年代いろいろの女性2人と一緒に
飲みました。
二人を会わせるような役割で。

女性だからこその働き方と受け入れない組織という話に
なりました。
それは業界も年代も超えたことだったので、結構女性、と
してくくってみるのもありなのかな、と思ったのですが。

それは、女性は役割として任じた以上に間をつなぐようなこと
に手を出したり、気になることがたくさんあるからそういう
仕事をしてしまうこと。

また、上司にも歯に衣着せず言ってしまう事。

うん、うん、うん。
私個人だけの動き方かな、と思っていましたが皆さん
そういう風に、仕事がうまく進むように心を砕いて、時には
一回り以上上の上司にも進言する、と。

でも男性が作ったルール社会では、これは違うのかもな、って
思ったことが昨日ありました。

私の直属上長である、社長はそういうことに意味を感じていますが、
(自分の進めたいことが早期に実現するならそういう動きもあり、と。
いうことでしょう)
でも管理担当常務においては組織の秩序を乱すことは、
組織としてリスクを負うことになる、という慎重派。

たとえ中間管理職に問題があり、仕事がすすまなくとも、責任者で
ある彼らの申告している内容を信じなければ、組織は崩壊する、と。

わかります。
でも一方で私や、たぶん社長も感じているのは(私が結構状況を
伝えているので)早く達成すべきところにもって行くためには、
セクショナリズムでなく、それを超えても達成するという気概のある
有能な人たちの気持ちをつぶしてはいけない、ということ。
感覚的にでしかないですが、今の中間管理層に任せておいては、
改革はできないと思うのです。
出来上がって安泰な組織であれば、常務として部下を信じて待って
いればいいのでしょうけど、それがルールだとは思うのですが。。。

昨日は管理担当常務の言うこともそれはそうだよな、と思うところが
ありましたが、今は闊達に意見交換できるようにするにはどうしたら
いいかな、と思っています。
ご自分が接している中間管理職からは問題があがってこないから、
問題がないと判断されるような感じでした。でも情報レベルでは私も
本業じゃないけど聞いておいたらありがたいということでした。

意欲と実力のある人たちを持ち上げたいという個人的な
意志をどう伝えるか。。。(社長はわかっていてくれているはず
ですが)

難しいですね。
社長、かわいそうなくらい忙しいけど掴まえて思いを聞かなくては
と思います。今日もきっとそこにいるだろう、と思う喫茶店に行き
会って20分だけど話をして、考えを聞けたのでそんな感じで。
それに沿ってやること。今のところ社長の考えに対しては大きな
違和感を感じないので。どちらかというと進んで共感できるし、そう
いう人はなかなかいないので。

でも私は単なる担当者で。。
形式を、秩序を、という方には、社長が連れてきたいろいろと現場の
厄介ごとを持ってくる人、というように捉えられているかもしれませんね。

本業じゃない、信念に基づくことをやってます。出世はできないかな。
rururu

梅雨明け一日目は熱い!

今日は銀座で朝一の仕事の後、久々に店を。
フォーエバー21にのっとられた松坂屋、改装前で工事中フロアが
多い三越、昼間のユニクロ。
そしてオープン以来久々にアバクロに行きました。
私が入った時にはお客さんも少なく、一階の上半身をあらわに
したモデルとの記念撮影を促されながら、ちょっと仕事中だしな、と
拒否してしまったのは、もったいなかったかな。それも
仕事としての体験になるのに、とあとから思いましたが。

前に来たときはフロア構成もよくわからなかったのでエレベータ
使わずくるくるくるくる階段を上がりましたが、今日はエレベータへ
直行。

そうしたら一人お店の人が乗り込んできて。。。
止まる階とフロア構成を説明してくれました。
二人で一つの箱で、いわば独占状況というのは、ちょっとどきどき
しましたが、それも狙っているんでしょうね、きっと。
降りる間際に7月24日に改装します、という貴重な情報を
いってくれたのも計算だったか。改装って、内装を変えるって
ほどではないんじゃないか、商品入れ替えるくらいじゃないか、って
思ったけど、日本語の言葉が拙い人には質問できず。
期待を持たせるにはそんな言葉遣いをする、というのも外国人なら
あり、と思わせてしまう。

そして面白いと思ったのは、彼は日本語を片言のイントネーションで
話す、どこの国かわからないけどアジア人。

アバクロには欧米人と、欧米からの帰国子女しかいない、と
思っていたのですが、日本以外のアジア人を結構配置しているの
です。

平日の昼間だから余計にアジアの観光客が多かったのですが、
銀座はどこも中国系のアジア人ばかり。
そういう中でいかに欧米の感覚を持ち、格好いいアジアンを
つれてくるか、というのが重要か、と思いました。

これから銀座に店を出すかはわかりませんが、中国人ビザの
範囲が広がり、日本各地に観光客がくることや、今後中国
市場を日本と同等に捉えて拡大していこうと思うので、
中国、他アジアの日本語も英語もOKで格好いい子をいかに
掴まえるか、大切!と思ったのでした。
アバクロからしたら後発なんですけどね。

ちょっとどきどきで熱い昼前でした。。。

rururu

私利私欲

仕事での統合に際していろいろと人間模様を見ることが出来て、
あるいみ面白いところもあります。
面白いといっては皆真剣だから失礼な話ですが、特に統合後に
縮小しようとしている経営陣に入るか入らないかとかでぎりぎりに
ようやく決めたので、それによって態度が変わってしまう人そうで
ない人。。
面白くはないのです。事務局的立場にいる自分に直その人たちの
心のおりがかぶってくるから。急に冷たくなったりした人になじられ
たりしますから。

でも自分の事を再認識したのですが、同年代以下の仲間たちに
とって自分が何らかの役割を果たせたら、彼らが活躍できる場所を
作ることが出来れば自分は満たされる、だからおじさんたちの
そういうおりは受け流そう、と。

これが自分の一つの欲求であることを再認識。これまでの
仕事生活の中でやりきれなかったこと、という自分の思いも
ありまして。

そしてもう一つの欲は、この人、と信じた人が自分の思う方向性で
最大限に力を発揮していただくのを支えること。
自分ができないから頼りにするしかないのですが。。。
結構、この人、と思うと尽くすタイプ。ぞっこんになってしまいます。

合併と成長戦略についてこれまでも自分で考えてはきたけれども
成長エンジンとなる決め手が見つけられずもんもんとした2年半を経て
今度社長をお願いする人はそれを実現させてくれる人だと望む
ことのできる実績と人間力を持った人。(ちょっと肩入れしすぎですか?)
本当はもっと大きな範囲で活躍してもらわなくてもったいない人
ですが、とりあえず私たちの事業に専念してもらえるのがありがたく、
年代も近く気負いなく言いたいことはいいながらできる人だと思って
います。(逐一相談することに対し答えてもらっています。共感性も
高いです)
彼は他の任務も追っているので、子分的立場からうまくさばき、成果が
残せるように動ければと思っています。

そして3つめの私利私欲。
20年前、大学生の時に起業しようかと思っていたことにつながるん
だけど。
そのころ、アメリカの大統領にはスピーチライターという人がいて、
スタイリストがいることを知りびっくりしながら、日本でも政治家や
財界人、社長さんたちのコミュニケーションを助ける役割は
いつか仕事になるんじゃないか、と思っていました。
そして3年前からついた戦略の仕事、今のCEOについてからは
特に彼が話す原稿を起こしたりして(といっても彼が考えることを
文字にして再確認するだけのことですが)昔おもっていたことを
仕事にしているかも、と思ったのでした。

そしてこの統合。
新しい会社を作るうえで、新しい経営者と、内部、外部との
コミュニケーションの仕方が結構重要だよな、と思いはじめ。
(PMIポストマージャーインテグレイションの要の一つ)
特にこれまで自分の出身会社の方では社員とのコミュニケーションの
まずさにモチベーションを失っていくのを見ているので何とか
それを回復したいと思い。
恣意的に作るのではなく、新しい経営者と新しい会社を一つ
一つ作っている人たちをより効果的につなぐ、そんなプロデューサーと
言ってしまっては恣意的に捉えられてしまうかもしれないけど、
思いをぶつけ合い、いい方向に向かう場を作る役割として
動ければ、というのが私の私利私欲です。

欲はナンだろう。

多くの人と触れ合って、多くの笑顔を見ることができることかな。
それに携わっているということに自負を感じるくらいか。

そしてちょっとこうしたらうまく行く、というようなティップスを自分の
手の中にもつことかな。

おじさんたちの私利私欲に惑わされず、信じる道を進み、仲間と
喜ぶ1,2年後を夢見ています。
るるる

どんだけー?

自分の信念をもってどれだけどのように動くか。

周りではビジネススクール時代に聞いた、一言で思考停止の
言葉が飛び交い。。。

でも私ははなから思考停止状態。。。
本に書いてある言葉を軽々と使いたくないし。
裏はとったの?本当に機能するの?
人は機械じゃないよ、反動を考えなくていいの?
そんな短い時間の言葉遊びで、物事進んでいっちゃったら
あぶない、あぶない。。。
みんな反応が早すぎる。
ニュースリリースにして耳に心地よい言葉だけあっても。
もちろんニュースリリースにできるだけの誰にでもわかり
やすい言葉にするというのは、自分の整理のためにも必要
だということは分かりますが。
物事はシンプルに。ということは分かりますが。

自分がその後の事業を背負うつもりで(あくまでつもりだけど)
考え抜かないと、と思う今日この頃。
仕事の話は書きたくないけど今の私のテーマなので。

犬rururu



セルフメディケーション 手あて足あて

今朝はお腹の調子が悪く、微熱気味。
せっかくのお休みだけど朝寝を繰り返しています。ごろごろ~。
昨日の晩窓を開け放して寝たのが悪かったのか、豆とかゴボウとかを食べ過ぎたのか。昨日も仕事だったしね。
いえいえ遊びすぎですよー。と心の声も。

お腹にサポーターを巻いて、お布団をかけて。でもまだ落ち着かない。
そうだ、手当て。自分の手をお腹に置いてみよう。
昔から具合が悪くなったり怪我をしたときに、母親やお医者さんに患部に障ってもらうととっても落ち着いたのを思い出した。
それは自分の手でも結構効果があるみたい。
とたんに当てた場所がごろごろと。温まったのもあるだろうし、自分で自分にパワーを与えているのかも。

先日フレーセラピーという足によるマッサージのサイトを見ました。東南アジアでよく女性が背中に乗ってくれるマッサージがあるけどそんな感じでしょうか。

で、思いついて「セルフ」フーレセラピー。自分の足では足の背面や上のほうはできませんが、ひざの上辺りまではかかとやくるぶしを使えばリンパの流れるところやつぼを押すのも力が要りません
なかなかいいではありませんか!

最近オフィスワーク中の足のむくみが気になって、セルフマッサージを一日に何度も個室(WC)に行ってやっていて、それほど気にならないほどになってきましたが、そうだ、家では自分でごろごろと足で足をマッサージすればいいのだ、と発見しました。
やっているほうの足は結構柔軟体操にもなるみたい。

さて、もう少しごろごろしますか。

うーん。

犬rururu
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ